2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊蔵の『飛騨高山』単独行・その17/夜の高山市内

高山の『一番街』の中にある老舗ラーメン屋『桔梗屋』さんで温かい“中華そば”を堪能した伊蔵は夜の高山市内を歩き回ってみる事にした。
DSCF9125.jpg
国際観光都市『高山』の夜はそれは寂しいものであった。大通りに人影は数える程しかいない。ほとんどゴーストタウンの様相。昼間はあれほどの数の観光客が犇めいていたに・・。寒いからというのもあるのだろうかわざわざ外に出掛ける人はいないようだ。寂しい大通りの一画では二人組のストリートミュージシャンがアコースティックギターを掻き鳴らして歌を歌っていた。人通りの無い通りの寂しさと相まってその歌の響きは哀しく夜の街に響いている感じだった。
DSCF9126.jpg
宮川沿いの大通りにも行ってみたがこちらも誰もいなかった・・。見事という他ないくらい。それでも路地に入り込めば小さな小料理屋や飲み屋が沢山あるのが高山の街。そういった飲食店は本当に仕事としてやって行けるのだろうか?と、この夜の街の人気の無さをみているとちょっと心配になってしまう。
DSCF9128.jpg
宮川べりも真っ暗で歩いているもの好きは伊蔵くらい(笑)京都の鴨川の夜みたいな風景を予想していたのだがそうはいかなかったようだ。川面をライトアップでもしているかと思ったがそれは甘かった。真っ暗だ。
DSCF9129.jpg
それでも『中橋』付近はライトが当てられてわずかに宮川を照らしていた。中橋を渡って『高山陣屋』方面へと歩いて行ってみたがそこも全く人気というものが無かった。
DSCF9131.jpg
無人の街を歩き回る事に少々飽きて来たので宿方面へ向かって帰る事に。『一番街』で入ってみたい飛騨牛を食べさせてくれる居酒屋さんがあったのだが混んでいる様だったので仕方なく諦め、国分寺通り沿いのコンビニで夜食と酒類を購入し宿へと戻りゆっくりする事にした。一番街のお店でお酒を楽しめなかったのは非常に残念だったが明日はKさんの山小屋で飛騨牛は食べれるだろうし、ここはガマンする事にした。こうして伊蔵の高山の旅の第一日は終わったのだった。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/656-59a52173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊蔵の『飛騨高山』単独行・その18/高山2日目 «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『飛騨高山』単独行・その16/『桔梗屋』さんへ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。