2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松餃子ふたたび/『むつぎく』さん

DSCF9190.jpg
昨年末、友人アキラ氏と再び静岡県は浜松市に訪れた。目的のひとつは静岡B級グルメとして名高い『浜松餃子』の老舗『むつぎく』さんへ行く事。いままで二度浜松に訪れているがそのどちらとも時間が合わなくて『むつぎく』さんへ入店が叶わなかったからだ。アキラ氏とはそれぞれ列車で向かい、現地の浜松で落ち合う事にした。
DSCF8094*
浜松餃子のお店として有名な『むつぎく』さんはJR浜松駅から歩いてでもそんなに時間の掛からない千歳町という歓楽街の中程の小さなビルの一階にある。狭い路地の周りはすべてがBARかスナック、小料理屋などがぎっしり。そんな中に突如餃子専門店があるというのがなんだか面白い。

この日、伊蔵は少々寝坊をしてしまい名古屋から浜松へ向かうのが遅れてしまったのだがそれはアキラ氏も同じで二人とも遅れて浜松入り。『むつぎく』さんの開店時間は正午12時。伊蔵が店頭に辿り着いたのは午前11時過ぎで一番槍は確実かと思われたがすでに店頭には家族連れらしい3名のお客さんが並んでいた。開店時間まで一時間近くあるが列が出来ている以上店の前から離れる事が出来ず、大人しく伊蔵は並んで開店を待つ事にした。
DSCF8093*
実はこの浜松に出掛けた時期は昨年の12月上旬の事。特にこの当日は風が強く、またとても寒かった。店頭で開店時間をこの寒風の中待ち続けるのはかなり酷だった。
DSCF9191.jpg
そんな中待ち続けていると開店時間10分前になってやっとアキラ氏が到着。彼は浜松市内で少々道に迷ったらしい。しかしとにかく開店時間に間に合って良かった。すでに『むつぎく』さんのお店の前は開店を待つお客さんの列が長くなっていた。駅から近いという事もあるが最近知られるようになった“浜松餃子”の美味しい店としてこの『むつぎく』さんは県外の人にもよく知られている有名店である事はこの人気ぶりを見てもよく分かる。
mutsugiku.jpg
そして開店時間の正午12時。『むつぎく』さんの暖簾が掲げられ外に並んでいた伊蔵らをはじめとするお客さん達は店員さんに促されながら店内へと案内されたのだった。アキラ氏と伊蔵は店内の一番奥のテーブル席へと座った。店内は外からの外観とはうらはらに結構広くお客さんもかなり入れそうな十分なスペースがあった。
DSCF9192.jpg
早速お品書きに目を通す。通すといっても注文する品はすでに決まっていたのだが(笑)お品書きには餃子専門店とはいうものの各種ラーメンのメニューや焼肉、ホルモン焼きまである。アキラ氏と伊蔵はかねてから決めていた通り『餃子・特大(20個)』1,150円也と瓶ビール(キリン)一本630円也を注文した。餃子にビールは欠かせない。餃子を食べに来るならクルマは御法度だ。
DSCF9193.jpg
そしてアキラ氏と伊蔵の前に現れた『むつぎく』さんの浜松餃子(特大・20個)。う~む実に美味しそう。浜松餃子は丸いフライパンに花状に餃子を並べて焼き、そのままの形で丸い大皿に移す。そして中心部に空いた空間を埋める様に湯がいたモヤシを乗せるという独特のスタイル。またその餃子の皮の中身の餡はその大部分を甘いキャベツが占める。特に『むつぎく』さんはキャベツが餃子の命らしい。この為、普通に食べる餃子よりもとても甘くそして腹がもたれ無いので女性でもいくつでも食べられてしまう。

早速アキラ氏とこの『むつぎく』さんの浜松餃子を堪能する。自家製のラー油にチョイと餃子をつけて食べる。まずキャベツの甘さというものが引き立つ。やはり旨い。ラー油に付けずとも十分に美味しい。これと共に飲むビールが堪えられん(笑)あっという間に特大20個を平らげてしまった。続いて『餃子・大(16個)』とビールも追加(笑)。真っ昼間からビールを飲む贅沢にアキラ氏と伊蔵は大満足していた。

結局『餃子・大』も簡単に征服。まだまだ餃子は腹の中に入りそうだったが外には店内に入る為お客さんが待っている事もあり長居は迷惑、アキラ氏と伊蔵は『むつぎく』さんを後にする事に。実はこの日『むつぎく』さんにテレビ愛知のグルメ旅番組の取材がありアキラ氏も伊蔵も餃子の旨さとビールに酔いつつもインタビューを受けたのだが、本編をテレビで見たところその全てがカットされていたという悲しい事実があった事もここに記しておかねばなるまい(笑)

とにかくやっと入店で来た浜松餃子のお店『むつぎく』さん。その噂通りの美味しさ確かに堪能させて頂きました。御馳走様☆

DSCF8093*
◆浜松餃子『むつぎく』
・住所/静岡県浜松市中区千歳町54-1 中央千歳ビル1階
・電話番号/053-455-1700
・営業時間/12:00~14:00 17:00~22:00
・定休日/月曜日
・アクセス/JR浜松駅より徒歩約5分
・ホームページ/http://mutsugiku.jp/


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/672-23fdb337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浜松の夜/三度『いなせ』さんへ «  | BLOG TOP |  » 伊蔵の『飛騨高山』単独行・その30/最終回・ワープで帰還

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。