2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜市へ/その3・岐阜シティ・タワー43からの夜景

『岐阜シティタワー43』の最上階である43階展望室への専用エレベーターはビル内の北側の入口を入ってすぐの場所にあったのだが、前述したように展望室からの夜景を見ようとする人々の姿をエレベーター前で見かける事が無かった。この時、時刻は午後8時をいくらか過ぎようとしていた位なのでそんなに遅い時間ではない。夜景を楽しむ人が少しくらい居てもおかしくないのに・・・。
DSCF9469.jpg
最上階からエレベーターが地上まで降りてきたので伊蔵は早速乗り込み、最上階43階のボタンを押したのだった。エレベーター内部は北側がガラス張りになっていて外の景色を見る事が出来るようになっていた。エレベーターが動き始めるとぐんぐんと岐阜市の街並が足下へ遠のいていく。スゥ~という浮遊感に伊蔵は浸りながら岐阜市街の景色を見ているとエレベーターは約45秒かけて地上約150mの最上階へ到達した。

エレベーターの扉の向こうにいきなり広いスペースがあり、ガラス張りの大窓の向こうに雄大な岐阜の夜景が広がっていると思ったのだが、エレベーターを降りたら正面はなんと壁だった(笑)。壁伝いに細い通路が奥へと続いていた。
DSCF9477.jpg
その通路を東の方向に進むとやっと夜景を見る事が出来た。
想像していたより展望室は狭かった。見学者も伊蔵の他に男女のグループが5~6名ほどという実に寂しい展望室でだったが、しかし混雑している展望室よりはよっぽどいい。ゆっくり夜景を静かに鑑賞する事が出来るのは嬉しい。
DSCF9471.jpg
この部屋は『東側展望室』でその他に『西側展望室』もあり東側とは区切られ、ふたつの展望室は細い通路でもって繋がっていた。一番夜景が綺麗であろう南側の眺望はzettonグループのレストラン『forty three』に独占されており、レストランの中に入って食事をしなければこの夜景は拝む事が出来ない。きっと濃尾平野が一望出来、遠く名古屋市の夜景も見る事が出来るだろう。
DSCF9470.jpg
東側展望室から先程伊蔵が歩いてきたJR岐阜駅北口を望む。下から眺めていたよりも高く感じる。岐阜市街は名古屋ほどメガロポリス的な街の灯が多くなくてひどく暗く感じたが駅の周りと大通りのみは明るい。
DSCF9472.jpg
西側展望室にも行ってみた。西側展望室は東側に比べてスペースも狭かった。やはり一番夜景が綺麗であろう真南方向はレストランの壁に阻まれて見る事が出来なかった。上の画像中央のひときわ明るい大通りは忠節橋通りで岐阜市街北側方向の夜景。
DSCF9474.jpg
こちらの画像は西側展望室から大垣・養老方面の夜景だ。画像上部の明るい部分が線上に連なって見えているが多分これは国道21号線沿いの灯りだろう。
DSCF9478.jpg
『岐阜シティ・タワー43』の展望室は規模が小さくて狭かったものの、夜景はなかなかに綺麗だった。なぜこれほど人が少ないのか?このビルのオープン当初はかなり混雑したらしいのだが・・・。伊蔵が出掛けた日(平日の月曜日の晩)がたまたま空いていたのかもしれない。ほとんど伊蔵は展望室を貸切状態で夜景鑑賞出来てしまった(独りで鑑賞するってのも少々寂しい感じがするが・・・苦笑)。この展望室は昼間の方がひょっとしたら混雑しているのかもしれない。夜だと暗くて見る事が出来ない金華山も長良川も見れるし。次回は一度昼間に来て見る事にしよう。<つづく>


DSCF9359.jpg
◆岐阜シティ・タワー43
http://www.gifucity-tower43.jp/
◆zetton forty three
http://www.zetton.co.jp/fortythree/




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/680-d1f43c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岐阜市へ/その4・JR岐阜駅南口『金津園』 «  | BLOG TOP |  » 岐阜市へ/その2・JR岐阜駅周辺

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。