2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南信州・伊那谷へ/その6・『露天こぶしの湯』へ(前編)

『駒ヶ根ファームス』やJA伊那の直売店等を見て回った後、施設の裏手を流れる天竜川の支流である『大田切川』の河岸まで足を運んでみる事にした。
DSCF9514.jpg
清流大田切川には“こまくさ橋”という木製の比較的新しい吊り橋が架かっていた。
DSCF9513.jpg
普段なら川魚を目当ての釣り客がいるのだろうがこの日は悪天候に加えて気温もかなり低く、河岸に人影を見る事はなかった。
DSCF9517.jpg
吊り橋の上を歩いて中央部まで行って改めて川面を眺めてみると結構川幅は広い。川の水は木曽駒ヶ岳の雪解け水を含んでいる為かとても澄んでいて綺麗だ。さぞ美味しい川魚が泳いでいる事だろう(笑)
DSCF9516.jpg
川の上流には晴れていれば木曽駒ヶ岳の勇姿やロープウェイが架けられている“千畳敷カール”と呼ばれる山肌も望めるはずだったが、この悪天候で山の中腹付近までガスっておりとても見る事は残念ながら叶わなかった。
DSCF9518.jpg
しばらく“こまくさ橋”の上で水墨画のような幽玄な景色を眺めていたのだが、どうにも寒さに耐えれなくなって来た。そろそろかねてから予定していた通りに、駒ヶ根周辺の温泉へ突入し身体を温めつつ、温泉に浸かる事によるリラックス効果と消化機能増進効果を計り、『ガロ』の巨大ソースカツ丼を胃の中で迅速に溶解させる時がやって来たようだ。
DSCF9515.jpg
旅に出る前にアキラ氏、伊蔵それぞれが駒ヶ根周辺の温泉については調べて来ていた。この辺りには『早太郎温泉郷』をはじめ結構な数の温泉があり、気軽に楽しむ事が出来る。結局アキラ氏が候補に挙げていた駒ヶ根高原家族旅行村の中にある温泉『露天こぶしの湯』へ向う事に決定した。
DSCF9520.jpg
この『露天こぶしの湯』も先程話した『早太郎温泉郷』のひとつ。駒ヶ根高原家族旅行村というレクリエーション施設(ボブスレーやパターゴルフ、ゴーカート、テニスなどが家族で楽しめるようになっている)のど真ん中にある温泉だ。

アキラ氏と伊蔵はこの駒ヶ根高原家族旅行村には随分以前に会社の同僚達と訪れた事があったがその時には温泉施設は無かったので、まだ比較的新しい温泉施設なのだろう。

駒ヶ根インター付近から南へと続く田舎道を走り、少し山手の方へ山林のトンネルを進むとほどなく駒ヶ根高原家族旅行村に到着した。あいにくの天候で家族旅行村の駐車場はガラ空き。誰も施設で遊んでいる様子は全く見られなかった。駐車場から少し斜面を登ったところに目指すべき『露天こぶしの湯』はあった。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/693-e8be58d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南信州・伊那谷へ/その7・『露天こぶしの湯』へ(後編) «  | BLOG TOP |  » 南信州・伊那谷へ/その5・駒ヶ根ファームスにて

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。