2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南信州・伊那谷へ/その7・『露天こぶしの湯』へ(後編)

kobishi2.jpg
さてその『露天こぶしの湯』。温泉施設は新しいだけあってとても綺麗だ。1階で靴をロッカーに入れ二階へ通じる階段を昇るとフロントがあった。
DSCF9523.jpg
二階フロアには食堂に土産物を販売する売店、和室の休憩室があり結構広い。ただこの日は天候が悪いせいか人はほとんどいなかった。フロント脇の券売機で入泉券を600円で購入し早速温泉に浸かる事にする。
kobushiyu.jpg
脱衣所にも全く人がいなかったので、よもやアキラ氏と伊蔵の貸切温泉になるかと思ったが中に入ると数人の入浴者がいた(笑)でもほとんど貸切状態には変わりがない。ゆっくりのんびり浸かれそうだ。
kobushiyu1.jpg
風呂場自体はそれほど大きな規模ではなかった。内湯の浴槽がひとつと外に岩で囲んだ露天風呂と桧風呂がひとつずつに水風呂がひとつ。加えて低温サウナが設置されていた。今日は利用者が少ないのでこの規模で十分に大風呂の気分が味わえる。山の斜面、高台にある温泉施設なので晴れていれば、この露天風呂から南アルプスの山々の姿が眺められるとの事。今日は残念ながら拝む事が出来ない。

ここで早太郎温泉郷『露天 こぶしの湯』の泉質と効能について述べておこう。泉質は『アルカリ性単純温泉』で湯は澄んでいて温泉特有のぬめり感や臭いはあまりない。神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などの疲労回復・健康増進に効果があるという。湯はどちらかというとぬるめだが外の桧風呂の湯は若干熱め。伊蔵は熱い湯の方が好みなので桧風呂に浸かっていた。この『露天 こぶしの湯』では人が少なかった事もあり、かなりのんびりし過ぎてしまった。都合1時間半~2時間近く温泉に浸かっていただろうか(笑)

ホカホカに温まり疲労も回復したところで温泉を出てみると、足裏マッサージ機があったのでアキラ氏とともに足を突っ込み揉みほぐした。タバコの吸い過ぎのせいか肺の反射区に痛みを感じたのが少々気になった・・・。
DSCF9521.jpg
外は相変わらず雨が降っていた。
温まった身体に外の冷たい空気が触れ、とても気持ちが良かった。さて次の目的地へ向おうとしよう。<つづく>

DSCF9522.jpg
◆早太郎温泉郷『露天 こぶしの湯』
・住所/ 長野県駒ヶ根市赤穂23-170
・電話番号/0265-83-7228
・営業時間/10:00~21:00(入館締切 20:00)
・休館日/第2・第4木曜日
・料金/大人600円 小人300円
・風呂/露天風呂(岩風呂・檜風呂)、内風呂、水風呂、サウナ
・泉質/アルカリ性単純泉
・効能/神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・病気回復後期・疲労回復・健康増進 等


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/694-5dce2e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南信州・伊那谷へ/その8・養命酒の故郷(1) «  | BLOG TOP |  » 南信州・伊那谷へ/その6・『露天こぶしの湯』へ(前編)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。