2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『タコの島』ふたたび/その1・知多半島最南端師崎へ

少し前の旅の報告となってしましますが・・・
2009年5月3日・4日で伊蔵は再び“タコの島”こと『日間賀島』へと向かった。前回この島へ訪れたのが2006年の事なので久しぶりの上陸となる。参加メンバーはtakeさん、アキラ氏、草加君、伊蔵の4名。もうひとりの仲間であるたいがぁ氏が参加すれば『日間賀戦隊ゴレンジャー』となるはずだったが彼は残念ながら今回不参加であった。

この日間賀島への旅の計画はまず“宿選び”から始まった。2006年にこの島に訪れた際には島内西南角に位置する民宿『松鶴』さんを選んだが今回は折角なので別の宿をとる事に。takeさんとアキラ氏がその宿の選定をしてくれた。日間賀島で代々漁師を生業として現在四代目となる漁師が営む民宿で、島内の宿としては珍しく宿泊客に振舞う食事は全て自分の持ち船で漁をしたものを出してくれるというまさに“漁師ならではの宿”だという触れ込みであった。

宿が決まったところで伊蔵が宿の予約を入れた。ゴールデンウィークという事で予約がとれるか心配であったがすんなりと予約を入れる事が出来た。さて旅の当日心配していた天候も何とか晴れ、メンバー達はめいめい名古屋市某所に午後1時に集合。
DSCF9577_convert_200#210002
天気が晴れている事もあるのかすでにtakeさんは行く気満々の様子(笑)ルートは名古屋市内を南下し知多半島を真っ直ぐ最南端の師崎(もろざき)を目指す形になる。takeさんが予め用意してくれたチューハイ、ビール、焼酎のボトルなどの“弾薬”が満載されたクーラーボックスをアキラ氏のクルマに積み込んだ。
DSCF9578_convert_200#210012
takeさんは愛車スーパーカブ90カスタム、草加君はYAMAHAセロー、アキラ氏と伊蔵はアキラ氏自身が運転するクルマ“ホワイトベース(勝手に命名)”で師崎に向かう事にした。
DSCF9579_convert_200#210045
旅に旅立つ瞬間はどんな時でもワクワクするもの。takeさんのカブと草加君のセローのエンジンに火が入った。彼ら二人がアキラ氏の運転する“ホワイトベース”を先導する形で出発。国道19号線を使って名古屋市内を南下。渋滞への気兼ねが無いtakeさんと草加君らの乗るバイクはその機動性を活かしてどんどん先へと行ってしまうがアキラ氏と伊蔵のホワイトベースはそうは行かない。クルマ渋滞という“ミノフスキー粒子”に阻まれては簡単に先へは進めないのであった。

そんな名古屋市内を抜けて東海市へ入ったところで彼らバイク組とは別ルートをとる事になった。バイク組は旧国道をそのまま南下するルート、我々クルマ組は臨海工業地帯沿いの『産業道路』を進む事に。ここでアキラ氏のホワイトベースはワープ速度を出し知多半島を南下、一気にバイク組との距離の差を短めるばかりか遥か先へと移動したのであった。

その後、順調に半島を南下し豊浜辺りを通過中、takeさんからの通信が入った。彼らは我々の後方の内海に着いたところで休憩中だという。こちらが今、豊浜にいる事を知るとtakeさんは驚いていたがこれは仕方が無い。我々は産業道路を使いワープドライブしたのだから(笑)

やがて我々の進む前方に師崎が姿を見せ始めた。海岸沿いの飲食店やホテル、温泉は行楽客のクルマでかなり混雑していた。
DSCF9582_convert_20090721234648.jpg
師崎のすぐ手前ではフェリー乗り場へ向かうクルマの渋滞が出来ていた。アキラ氏にはこの師崎へ来た時には必ずクルマを駐車し預ける“ホワイトベース専用ドック”がある。それはルナツーでも地球連邦軍総司令部ジャブローでもなく、単におばあちゃんが経営する『みさきや』の駐車場なのであった(笑)
みさきや
この日の『みさきや』駐車場はかなり混雑しておりなかなかすぐに駐車する事が出来なかった。島に訪れる人がことのほか多い様だ。駐車をし終えて重いクーラーボックスを抱えて師崎のフェリー乗り場へとアキラ氏と伊蔵は向かった。
DSCF9581_convert_200#21001A
この日の伊勢湾は波も穏やかで防波堤沿いを歩くとプンと潮の匂いがして我々を島へと誘っている様であった。

フェリー乗り場前に荷物を降ろしてtakeさんと草加君の到着を待つ。しばらくするとtakeさんのカブのマフラーから発せられるけたたましい爆音が駐車場の端っこから聞えて来た。排気量は草加君のセローの方が大きいのに排気音はなぜかtakeさんのカブの方がどう考えても喧しいのである(笑)
DSCF9584_convert_20090721234722.jpg
やがてフェリー乗り場前で待つ我々の前にtakeさんと草加君が現れた。こうしてメンバー全員が師崎に集結したのが午後3時10分頃。急がず慌てずゆっくり走って来たという感じであった。
DSCF9583_convert_20090721235526.jpg
さあここから名鉄海上観光船に乗って約10分で目指す『日間賀島』だ。荷物をめいめい持ち寄って観光船のチケットを求めにフェリー乗り場の建物の中へと入る我々であった。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/706-31c2b0f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『タコの島』ふたたび/その2・日間賀島上陸 «  | BLOG TOP |  » マシンは叫ぶ!『京都~岐阜間タンデム走行』

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。