2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州長野・上田の旅/その1・JR上田駅前にて

すこし前の旅の報告になってしまいます・・・
DSCF9687_convert_200#219260
2009年5月30日土曜日午前10時半頃、伊蔵は長野県は上田市のJR上田駅北口(お城口)の駅前ロータリーに立っていた。地元を早朝6時過ぎに出発してJR中央本線の多治見駅から始発の特急列車『ワイドビューしなの1号』に乗り換え木曽路沿いを北上、JR松本駅から篠ノ井線へ乗り入れJR篠ノ井駅で一旦降車、しなの鉄道へ乗り換えて上田までやって来たのであった。約4時間強の列車の旅であった。

今回の旅の目的は長野市内にある善光寺の御開帳を見てみる事にあった。御開帳は正確には『善光寺前立本尊御開帳(ぜんこうじまえだちほんぞんごかいちょう)』といわれ七年に一度行なわれる。善光寺の行事の中でもこの『御開帳』は最大のイベントとなっていて御開帳の期間中には多くの参拝客で長野市の人口は一挙に膨れ上がる。また今回の善光寺御開帳は全国の六ヶ所の善光寺(信州善光寺・甲斐善光寺・飯田元善光寺・岐阜善光寺・関善光寺・稲沢善光寺東海別院)が同じ年に御開帳を行なうという史上初のイベント年に当たっている。
maedachi_convert_20090920020322.jpg
『御開帳』という行事は簡単にいうと善光寺の絶対秘仏の本尊である『一光三尊阿弥陀如来像』(この仏像は日本に仏教が伝来した折、朝鮮半島の百済(くだら)からもたらされた日本最古の仏像とされている。絶対秘仏であり何人もこの本尊を目にする事が出来ない)の姿を映した(レプリカ)とされる『前立本尊』を七年に一度だけ(開張の年を一年として数えるので実際には六年毎)目にする事が出来るというイベントである。伊蔵は善光寺御開帳を実際に目にするのは今回が初めての事であった。
DSCF9688_convert_200#219263
さてJR上田駅に到着した伊蔵。
早朝の天候は曇りだったがこの信州の地はカラリと晴れて気持ちが良かった。JR上田駅前のロータリーの中央にはひとつの騎馬武者像が置かれていた。『真田信繁(幸村)像』だ。ここ上田市は長野市の少し南方の上田盆地の千曲川と北国街道沿いに広がる町で真田家とはとても所縁が深い。
DSCF9689_convert_200#219266
元々真田家の本城はこの上田市からさらに東へ少し入り込んだ地にあったが(旧真田町・現在は上田市に吸収合併している)幸村の父である『真田昌幸(さなだまさゆき)』の頃、千曲川の河岸段丘上のこの地に城を築いた。真田家がこの上田城に本拠を移した事からその城下町として上田の町の発展の基礎となった。
DSCF9690_convert_200#21926A
この上田城は武田家滅亡後の信濃を自分の意のままにしようと目論む徳川家康の大軍や、後年関ヶ原の戦に参戦予定で中山道を進軍して来た徳川秀忠の大軍を上田城に足止めさせ、ついに関ヶ原の戦に遅参せしめるなど二度に渡って徳川軍を退けた事でも特に有名な城である。また大阪の陣では昌幸の息子である幸村は徳川家康の本陣まで肉迫する等、徳川家にとって真田家は一地方豪族という身ながらもまさに鬼門といってよい存在であった。
yukimura_convert_20090920034447.jpg
◆真田信繁(幸村)

真田家は関ヶ原の戦で東軍についた昌幸の嫡男信之(幸村は次男)の功績で江戸時代にも家は残り幕末まで続いた。町の発展に寄与した事と数々の戦いでの功績を讃えて上田市はこの真田家の中でも英雄視される『真田信繁(幸村)像』を建立したのであろう。
DSCF9698_convert_200#2193CA
JR上田駅前ロータリーから伊蔵は北へと延びる上田市のメインストリートを歩いて行った。この上田市では食べてみたい物があった。蕎麦である。旅に出る前に上田市にある蕎麦屋をいくつか検索し目星を付けておいた。今回はその中のひとつを訪ねてみたいと思う。結構老舗な有名店であり行列も出来るとの情報を得ていたので開店時間に十分に間に合う様に早めに上田市に着く様に調整して来たのだった。果たしてその蕎麦屋に“一番槍”で入店出来るだろうか・・・。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/727-1a5385a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信州長野・上田の旅/その2・『刀屋』で蕎麦を味わう(1) «  | BLOG TOP |  » 信州のパワースポット『分杭峠』へ/その12・木曽福島にて蕎麦を食す

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。