2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州長野・上田の旅/その4・池波正太郎・真田太平記館へ

上田市の蕎麦屋『刀屋』さんで名物“真田そば”をたらふく頂いた伊蔵は重い腹を抱えつつ上田市内を歩いていた。上田市のメインストリートを松尾町から原町へと北へ歩いて行くと通りの右手に土蔵を模した造りの建物が見えて来る。それが『池波正太郎・真田太平記館』である。
DSCF9701_convert_20091003234914.jpg
『刀屋』さんのレポの折にも少し触れたがこの上田市という町は池波正太郎先生との関係が深い。池波先生は長編歴史小説『真田太平記』の取材の為に幾度となく上田の街を訪れた。真田太平記だけでなく数々のエッセイにも上田の町について書いておられる。こうした縁で上田市は池波家の方々や多くの人々からの協力を得て池波先生が亡くらられた後の平成10年11月にこの真田太平記館を開館した。
DSCF9699_convert_200#21A900
この真田太平記館には観光客も勿論沢山訪れるが伊蔵の様に歴史小説が好きな人や池波ファンも多くやって来る。捕捉ながら記しておくと真田太平記館以外にも池波先生の記念館はある。東京都台東区にある『池波正太郎記念文庫』(先生は浅草の生まれ)がそれだが残念ながら伊蔵はまだ足を運んだ事がないので折りに触れて訪れたいと思っている。
DSCF9700_convert_20091003234825.jpg
さて早速伊蔵は真田太平記館の中へ入ってみる事に。入館料は300円。係の方が『本日は池波正太郎真田太平記館へお越し下さり誠にありがとうございます』と挨拶の後、館内の案内順路を図で示しながら丁寧に教えてくれる。まずは二階の常設展示室を廻るのが順路の最初であった。一階のエントランスホールの脇には喫茶店と交流サロンと呼ばれるフロアがありお土産物やオリジナルグッズ、池波先生の書き残した著作や関連書籍が沢山置かれていて購入する事が出来る様になっていた。
taiheiki1.jpg
階段を使って二階へと上がると池波正太郎コーナーと真田太平記コーナーのふたつのコーナーに分けて展示がなされていた。池波先生の展示コーナーでは代表作『鬼平犯科帳』や『剣客商売』『仕掛人藤枝梅安』等の自筆原稿や先生の愛用した数々の遺品が置かれていた。先生はかなりお洒落な方で展示されていた遺品も珍しいものがあったりして見ていて面白かった。また先生は絵も上手い。取材先や旅先で描いたスケッチ名等の展示もされていたがどれも味わいのある絵ばかり。小説家、食通、絵心ありと実に多才な方だ。
taiheiki2.jpg
真田太平記コーナーでは上田市で先生が取材した場所や取材ノート、写真などの展示がされていた。この取材レポの資料の数々は大変興味深く見せて頂いた。取材先まで足を運んで撮影した写真や取材ノートに記された手書きの地図には取材地点とともに細かい捕捉メモがあれこれ書き留められていて思わず長い時間をかけて見入ってしまった。こういった膨大な取材メモや資料が大作を生み出す裏付けとなっている事に改めて気が付かされる。

感心しながら二階の常設展示室を後にして一階へ。一階には『忍忍洞』という洞窟の様な細い通路があり、真田家が情報収集の為に使った“草の者”(忍者)の世界をカラクリ絵で展示紹介する場所があったり土蔵を模した建物の中で真田太平記の世界を切り絵で語りで紹介するシアターがあったり真田太平記の挿絵原画を展示するギャラリー等があった。また特別展示として池波先生がヨーロッパ旅行をされた際の自筆絵画の紹介もあったりで『真田太平記館』は全体的にそれほど大きな施設ではないがじっくりと見て廻るのは結構時間が掛かった。シアターではもう少し上映を見ていたかったがこの後も予定がある伊蔵は『上田攻め』の項を見たのみで土蔵を出る事に。

最後に交流サロンで先生の文庫をパラパラと立読み。施設を後にする事にした。上田市の旅で是非立ち寄ってみようと思っていた『池波正太郎・真田太平記館』。先生の作品をあまり読んでいない伊蔵でも大変面白かった。上田市に訪れた際には是非お勧めです。<つづく>

DSCF9701_convert_20091003234914.jpg
◆池波正太郎 真田太平記館
・住所/長野県上田市中央3-7-3
・電話番号/0268-28-7100
・開館時間/午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
・休館日/毎週水曜日・祝日の翌日・年末年始
・ホームページ
http://www.city.ueda.nagano.jp/shokoka/ikenami2/secondpage.htm



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/730-3c264bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シルバーウィーク横浜オフ』/その1 «  | BLOG TOP |  » 信州長野・上田の旅/その3・『刀屋』で蕎麦を味わう(2)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。