2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シルバーウィーク横浜オフ』/その1

信州の旅の途中でありますが挟ませて頂きます。
DSCF0395_convert_200#21A580
朝マックである。しかも早朝マックだ。伊蔵が朝飯を食べるというのは珍しい事だがそれにもまして朝マックを食べるというのもこれまた大変珍しい事である。さて伊蔵はこの朝マックをどこで食べているかというと・・・。実は静岡県御殿場市の東名高速道路上り線『足柄サービスエリア』内に入っているマクドナルドなのであった。
DSCF0396_convert_200#21A583
今回の旅のお供もこのブログではお馴染みとなった伊蔵の友人アキラ氏。なぜ我々は今しかも早朝に御殿場市内にいるのか?。今年にわかに発生した秋の大型連休を利用してネット上の『BARギコONLINE』で知り合った仲間達と再び横浜でOFF会を開く事になった為、我々は横浜へ向かう途上なのであった。アキラ氏は名古屋OFFにはたびたび参加していたが関東でのOFF会にはこれまで参加していなかったので今回同行して貰う事になったのだ。
DSCF8991_convert_200#21A58D
横浜でのOFF会はシルバーウィーク中の9月22日の晩に開催される事に決まっていた為、我々は高速道路の渋滞を避ける為に前日の晩に東海地方を出発し、真夜中の午前1時30分頃にこの御殿場市内の『足柄サービスエリア』に到着したのだった。
DSCF8996_convert_200#21A596
この『足柄サービスエリア』には高速道路のサービスエリアとしては珍しい宿泊施設(レストイン足柄)と“足柄金時湯”という風呂、仮眠室が設けられている。その風呂と仮眠室を利用して就寝、早朝5時半に起床、早朝マックとなった訳であった。

今回の横浜OFFの開催決定はにわかに決まった。
友人のtakeさんが関東で開催されるOFF会に自分の駆るバイク、スーパーカブ90カスタムで東海道を走って伺いたいという積年の想いを果たすべくメンバーの召集を行ない、今回のOFF会が決定されたのであった。takeさんはOFF会当日までに様々な準備をしていたが一週間程前に身体に変調が現れた。右足親指関節部に激痛が発生したのである。そこで病院に行って診察を受けた結果、彼は“痛風”になっていた事が判明。OFF会への参加が危ぶまれたが痛み止めの薬を処方し当日までに彼は復活した。

足の痛みは取れたもののバイクでの参加がどうしても心配だったアキラ氏と伊蔵はクルマで一緒に行かないかとtakeさんに申し入れたが彼の東海道をバイクで走り横浜入りしたいという想いはことのほか強く、横浜行きは我々とは別行動となった。22日当日早朝に名古屋を出発しているであろうtakeさんは今頃は東海道のどの辺りを走っているのだろうか・・・
DSCF9000_convert_200#21A599
朝マックを食べ終えたアキラ氏と伊蔵は駐車場に停めてあるアキラ氏の愛車通称『ホワイトベース』へと歩を進めていた。と、その時takeさんから通信が入ったのだった。彼の声は初めての東海道ツーリングに興奮していた感じであった。

『今、静岡県の掛川市内の道の駅で休憩中だて』

との報告であった。えりゃ~ハイペースではないか?と伊蔵が問い返すと彼は前日初めての旅へ出発する興奮からあまり寝られず名古屋を予定より早めの午前2時半頃に出発したらしいのだ。その後順調に名古屋市内から豊明、知立、安城、岡崎、豊橋、浜松、磐田、袋井を東海道を走り掛川市内に入ったという。安全運転で走り無事に横浜市内で再会しよう!と会話を交わして電話を切ったのだった。
DSCF0397_convert_200#21A586
午前6時50分アキラ氏と伊蔵は『足柄サービスエリア』を出発した。ここから順調に走る事が出来れば1時間半~2時間程で横浜の桜木町まで辿り着けるであろう。とにかく東名高速の『横浜町田インター』を目指して早朝の高速道路を走る。

前日の晩は足柄サービスエリアから先の『大井松田インター』から厚木、横浜までの区間は断続的な渋滞の情報が電光掲示板で記されていたが早朝には渋滞は解消されていたようで快調に進む事が出来た。箱根の外輪山をグルリと迂回する形で東名高速を走り神奈川県へと入る。長く続く坂道を下り大井松田インター、厚木インターを通過大きな海老名サービスエリアを横目に見ながら進むと目指す『横浜町田インター』が見えて来た。

インターを降り、関東平野を環状する国道16号の一部である『保土ヶ谷バイパス』に入り横浜市街方面へ。この道はかなり広くて大きく高速道路のようなバイパスだった。やがてこの先で横浜新道という有料道路と交差するという地点に来てどこからこのバイパスを降りてよいのか分からず道に迷ってしまった。明らかに勉強不足・・・。取りあえず一番最寄のインターでバイパスを降りる事に。

ここでアキラ氏のホワイトベースに搭載されてあるナビが役に立った。そのナビが示す通りの道を辿って桜木町に向かう事にした。この辺りは保土ヶ谷区(ほどがやく)と呼ばれる町だが山手を無理矢理に開発して町が出来ている様な感じで狭い路地や坂道、山の斜面にもびっしりと隙間なく住宅やマンションが建っているという一種異様な景観をかもし出していた。

アキラ氏のクルマのすぐ前をノロノロ走る市バスに閉口しながら保土ヶ谷区内を走ると急に景色が開けてJR東海道線と平行して走る道に出た。国道1号に合流したのだ。国道1号をJR保土ヶ谷駅の手前、保土ヶ谷橋交差点で右折し国道1号からはずれしばらく鎌倉街道沿いを走り、京浜急行『井戸ヶ谷駅』のガード下をくぐった先の井戸ヶ谷交差点を左折した。このまま真っ直ぐ進めばJR桜木町駅であった。今回は迷ってしまったが、迷った道は旅から帰ってから一度地図を見て辿り直してみるという癖が伊蔵にはある。次回からは迷わないであろう。

今回横浜で予約した宿はもはや横浜での伊蔵の常宿となっている『ホテル東海』さん。見た目は古いホテルなのだが部屋がシングルでも広い事とオーナーのご夫婦の心使いの良さ、どこへ出掛けるにもアクセスが良く便利な立地が気にいっていてこれまでに三度程利用させてもらっている。JR桜木町駅に程近い『ホテル東海』さんへ我々は午前8時15分に到着。フロントに顔を出して駐車場の手配と荷物を預かって頂く事にした。駐車場はホテル提携のパーキングへ入れる事になった。
DSCF0403_convert_200#21A589
なんとか予定通りに無事に横浜へ辿り着いた我々であった。
takeさんは今頃どの辺りを走っているであろう・・。<つづく>

DSCF8995_convert_200#21A593
◆ハイウェイホテル レストイン足柄
・住所/静岡県御殿場市深沢1801
 東名高速道路足柄サービスエリア(上り線)
・ホームページ
 http://www.c-exis.co.jp/hotel/index.html

HL001767.jpg
◆ホテル東海
・住所/神奈川県横浜市中区宮川町3-65
・電話番号/045-242-3557
・ホームページ
 http://www.hotel-tokai.co.jp/


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/731-0f34c466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シルバーウィーク横浜オフ』/その2 «  | BLOG TOP |  » 信州長野・上田の旅/その4・池波正太郎・真田太平記館へ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。