2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シルバーウィーク横浜オフ』/その4

DSCF0412_convert_200#21BA3F
引き続き横浜見物を続けていたアキラ氏と伊蔵だったが、一方東海道をひたすら横浜に向かって東進中のtakeさんは一体今頃どの辺りを走っているのであろうか?。フト我に返った伊蔵は携帯メールを確認してみた。はたしてtakeさんから一通のメールが届いていた。

『今、沼津。』(午前9時26分メール履歴)

おお!順調に早朝連絡のあった静岡県掛川市内の道の駅から島田、藤枝、焼津、静岡、清水、由比、富士と順調に東西に長い静岡県内を東に進んでいるらしい。沼津市を抜ければすぐに三島市。箱根の山を越えればいよいよ神奈川県、関東圏に突入という事になる。このままの調子で進めばほぼ出発前にtakeさんが予測していた通りの時間で横浜に到着しそうだ。
hakone_convert_20091027234915.jpg
気になるのは三島市を抜けてからの東海道国道1号最大の難所といわれる天下の嶮『箱根峠(標高846m)』越えだ。この峠を越えるには少々非力な感のあるtakeさんのスーパーカブ。だが無事に越えて欲しいものだ。takeさんは東海道にある箱根峠に次ぐ難所である『鈴鹿峠(標高357m)』をすでに何度も大阪に行く度に越えている実績がある。鈴鹿峠の二倍以上の標高がある箱根峠であっても越えれぬはずはない。

かくいう伊蔵も四半世紀弱前(ハイスクール時代・・かなり前だな・笑)にこの『箱根峠』を三島側から小田原側へ友人二人とともに自転車で越えた経験がある。三島市から峠までは約20kmずっと急な上り坂で自転車に乗ったり降りては歩いたりしながらの苦しい峠越えであった。しまいには脚の脹ら脛が痙攣する始末。結局三島市街から箱根峠頂上まで約3時間半も掛かってしまった。それほどに急峻な峠道なのである。社会人になってからは逆コースで箱根側から三島へバイクで走った事もあった。

とにかくtakeさんのメールを見る限りでは大丈夫そうなのでアキラ氏と伊蔵は横浜見物を安心して続行する事にした。『赤レンガパーク』を一通り見て回った後、海沿いの『山下臨海線プロムナード』という歩行者専用道を歩き『山下公園』へ。山下公園では日向ぼっこする人、観光客、犬の散歩をする人、大道芸の準備をする人らで賑わっていた。
DSCF0414_convert_200#21C66D
以前にも撮影した『赤い靴はいてた女の子像』。あまりにも有名な童謡をテーマにした像なのにこれがが山下公園に立っていると知る人は案外少ないのかこの日は記念撮影する人は皆無であった。
DSCF0415_convert_20091027002745.jpg
横浜港に係留され遺されている昔の客船『氷川丸』。その船体と錨を繋ぐ鎖の上には同じ方向に向いて羽根を休めるカモメが群れていた。
DSCF0416.jpg
一羽くらい反対方向を向いているひねくれたカモメはいないものかと探してみたがいなかった。みんながみんな行儀が良いカモメどもなのであった(笑)。氷川丸の船尾前を通り過ぎ、アキラ氏と伊蔵は山下公園から公園通りの大きな道路を越えて『横濱中華街』方面へと足を延ばす事にした。
DSCF0417_convert_200#21C675
予想通りシルバーウィークという秋の大型連休という事で中華街入口にあたる『中華街東門(朝暘門)』付近の交差点は人また人で溢れ返っていた。東門通りをそのまま進むと三叉路にぶつかる。右手が『開港通り』中央が『中華街大通り』、左手が『南門シルクロード』という通りになっている。
DSCF0418_convert_200#21C679
やはり圧倒的に人で混雑しているのは『中華街大通り』。この通り沿いには“シウマイ”の『崎陽軒』や聘珍樓横濱本店、萬珍樓、大珍樓などの大きな中華料理店が多く軒を連ねている。観光客相手に店員が甘栗や肉鰻などを売りに勧めて来る姿を多く見かける。
DSCF0419_convert_200#21C67D
一方『南門シルクロード』には中華料理店も多いがアジアン雑貨、中華系雑貨のお店も多い。でもやはりこの通りで人気なのは『招福門』の“飲茶食べ放題”で今日も長い行列がお店の前に出来ていた。沢山の出来たてアツアツの点心メニューを時間無制限で好きなだけいくらでも食べる事が出来る(大人2,625円/2名様から)とあって今日も『招福門』は満員御礼状態だ。横濱中華街の通りを人の波に圧倒されつつも見物するアキラ氏と伊蔵であった。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/734-87671a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シルバーウィーク横浜オフ』/その5 «  | BLOG TOP |  » 『シルバーウィーク横浜オフ』/その3

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。