2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シルバーウィーク横浜オフ』/その5

DSCF0420_convert_200#21C682
アキラ氏と伊蔵は横浜横濱中華街の『南門シルクロード』の通りにある超中華的派手さの八角形の寺院建築物『横濱媽祖廟(よこはままそびょう)』へ。
DSCF0422_convert_20091029232030.jpg
中国での護国救民の女神“媽祖(まそ/北宋時代の福健省の実在の人物)”を祀る寺院である。元々この中華街にあった『関帝廟』の建築もド派手だが、派手さならこちらの『媽祖廟』も同じくらい派手である。日本の寺社建築はその材料である木の地肌を見せつつ全体の建築美を強調するものが多いのに対して、中国の建築物は材を派手な色彩で塗り固めてしまう感じのものが多い。
DSCF0421_convert_200#21CCDD
『横濱媽祖廟』については以前にもこの『伊蔵通信』にてレポした事があるので紹介はこの辺で終わりとします。以前のレポが読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

◆伊蔵通信/横浜散策編/その1・フカヒレラーメンを求めて
http:///moriizou.blog39.fc2.com/blog-entry-331.html

アキラ氏と伊蔵は『南門シルクロード』から『天聴門』をくぐり『関帝廟通り』へ入った。この通りもいつもながら混雑している。以前、takeさんから紹介された激安フカヒレラーメンを食べさせてくれる『まるた小屋』という小さなお店もこの通り沿いにある。ちなみにアキラ氏へ紹介ついでに『まるた小屋』の店頭に行ってみたが11時30分開店前なのにすでに人が群がっていた(笑)小さい店だが繁盛しているようだ。
DSCF0425_convert_200#21C686
『関帝廟通り』をまっすぐ西へ向かうと程なく右手に先程の『媽祖廟』に劣らず派手な『関帝廟』が見えて来る。
DSCF0426_convert_200#21C6FD
今日はどうもお祭りらしく『関帝廟』のすぐ隣にある『横濱中華學院』入口付近では学生らしき子供達が打ち鳴らす激しい銅鑼と太鼓の音が鳴り響き、その音に合わせる様にこれまた派手な“中華的獅子舞”がクネクネと猛り狂っていた(笑)『関帝廟』へ行く前にそのお祭り会場になっている『横濱中華學院』のグラウンド内に行ってみる事にした。
DSCF0428_convert_200#21C68F
『横濱中華學院』は日本で初の中華学校で清朝末期の革命家で辛亥革命を起こして中華民国を建国した『孫文(そんぶん)』によって横浜市に設立された学校である。

日中戦争後には中国共産党を率いる毛沢東と国民党軍率いる蒋介石との対立によって中国本土に中華人民共和国が建国され、一方の国民党軍は台湾島に国民党政府を建て中華民国という国を樹立するとこの学校も中華人民共和国指示派と中華民国指示派二つに分かれ、中華人民共和国指示派は結局新しく学校を他に作ってしまった。現在この『横濱中華學院』は中華民国指示派の学校になっている。実際にお祭りのこの日、學院の校舎の壁には巨大な中華民国の国旗『青天白日満地紅旗』が掲げられていた。
DSCF0430_convert_200#21C698
學院のグラウンド内には露店も出ていて様々な台湾グッズや中華系の食べ物等を販売していた。そんな中を先程の中華的獅子舞がクネクネと子供達の頭を噛みながら練り歩いて行くのであった。
DSCF0427_convert_200#21C68B
日本の素朴で質素な獅子舞とは違ってこの中華的獅子舞は見た目がもはや獅子というよりも別の惑星からやって来た宇宙怪獣という容貌に近く、学生達が打ち鳴らす太鼓や銅鑼に合わせて目蓋をパチパチと見開きつつクネクネと迫って来るとこの中華的獅子舞の異様な姿を見慣れていない日本の子供達の何人かは泣き叫んでしまうという事態に陥っていた(笑)
DSCF0431_convert_200#21C69C
しかしこの中華的獅子舞。二人一組で練り歩いているのだが頭部分を操作する人はともかく、後ろの尾部担当の人の体勢はかなりツライのではないか・・・と思ったりした(笑)

そんな祭りの様子を見物しながら歩いているとアキラ氏が“中華なおばさん”と何か話しているではないか。何かを薦められているらしい。しばらくするとアキラ氏が紙コップをおばさんから渡され伊蔵の方へやって来た。その紙コップは何だね??という風に覗き込むと、
DSCF0432_convert_200#21C6A1
中身はちょっと辛そうな水餃子であった。水餃子を入れる器として紙コップは果たしてどうなのか?とツッコミを入れたくなったがアキラ氏はその水餃子の味に満足していた様だった。
DSCF0433_convert_200#21C6A5
『関帝廟』の階段を上がって行くと境内には三国志で有名な『蜀』の国の『劉備』『関羽』『張飛』らの三体の人形が龍を象った船の上に置かれていた。ちなみに『関帝廟』に祀られているのはこの内の『関羽』である。その時本堂に向かう階段の上で伊蔵の携帯メールに着信が不意にあった。メール送信して来たのはtakeさんであった。その内容は・・・

『箱根でこけた、、、今、病院。』(午前11時15分メール履歴)

アキラ氏と伊蔵が青ざめたのは言うまでもない。<つづく>



スポンサーサイト

● COMMENT ●

救急車で病院へ運ばれるまでの痛みを思い出したよ、、、

この知らせを受けた時はさすがに焦りました。
横浜まであと少しだったのにね・・。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/735-579d00ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シルバーウィーク横浜オフ』/その6 «  | BLOG TOP |  » 『シルバーウィーク横浜オフ』/その4

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。