2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『シルバーウィーク横浜オフ』/その6

東海道を走っていたtakeさん(オフ会での愛称はジャック)からの事故の一報を横濱中華街の『関帝廟』で知ったアキラ氏と伊蔵。早速彼に連絡を取ってはみたものの案の定電話は通じなかった。事故処理等の連絡でtakeさんも忙しいのだろう。『関帝廟』でソワソワと彼からの連絡を待った。数十分後・・・
o0400030010268076306#21D21A

『箱根でコケちまってよ・・・』

とtakeさんから電話が!彼からの報告は事故のショックからかあまり話の要領を得なかったが、箱根峠の事故現場から自分で救急車を呼んで現在三島市内のとある病院でレントゲンを撮って診察結果を待っているとの事であった。事情をよく聞いてみると彼は箱根峠を登っている途中、先の見え無い右カーブを曲がっている際に路肩に浮いていた砂利に前タイヤをとられてしまい転倒したらしい。バイクというものはその特性上、後タイヤが滑ってもある程度体勢を整える事が可能だが前タイヤが滑るとまず転倒するしかない。

彼は右側に転倒し、右肩を路面に打ちつけて路上に転がったとの事だった。転倒後意識はハッキリとしていたものの右腕が上がらない事に気が付き運転もままらないので携帯電話で救急車を呼び箱根峠の麓の三島の病院へ搬送されたという。診察結果はまだ出てはいないが右腕が上がらないことからひょっとしたら骨折しているかもしれないと彼は電話で話していた。
o0400030010268076074#21D215
彼が事故を起こした場所は箱根峠の中間地点、標高300m~400mを越えるあたりの三島市笹原新田という地区にある右カーブであった。標高を急激に上げていくS字カーブの出口付近にあたっていて事故多発地帯である場所らしいとの事だった。転倒した彼に幸いだったのは二次的事故に巻き込まれなかった事とその日に限っていつも装着している半へルでなく頭全体を覆うジェットヘルメットを装着していた事と彼のいつものツーリングスタイルであるTシャツ短パンでは無かった事。彼の乗っていたスーパーカブ90カスタムは流石に堅牢でエンジンは何なく始動したし損傷も最小限だったようだ。ただ転倒した際にリアボックスが口を開けてしまい荷物が全て路上に散乱してしまったらしい。

『残念だがいずれにしても横浜には行けない・・。オフ会の皆によろしく伝えて欲しい・・・。』

と彼は残念そうに呟くと診察の結果が出たのか電話の向こうからナースの呼ぶ声が聞こえtakeさんは電話を慌てて切った。結果については後程連絡を取って聞くしかない。電話での内容をアキラ氏に伝えた。こうなっては我々にはどうしようもない。とにかく昼だし飯でも食べようという事になった。『関帝廟』から程近い『香港路』にあるお馴染みの店『満珠園』さんへ。
manjyu.jpg
お昼時とあって狭い路地の『香港路』は観光客で混雑していた。『満珠園』さんも混雑していたが中に入ると二階の座敷へと案外すんなりと通された。以前のオフ会で草加くんやマスター、珍さんとともに訪れた座敷だ。アキラ氏はこの時疲労のピークにありやっと座敷にどっしりと腰を落ち着ける事が出来てホッとしたようだった。takeさんの事故については心が痛かったが今は何もしてやる事が我々には出来ない。とにかく飯だ!

ここ『満珠園』さんのメニューは一品でもかなり量が多いので何品も頼んでしまうと残す羽目になってしまう。アキラ氏と伊蔵はそれぞれ異なったセットメニューを一品づつ注文し二人で分けて食べる事にした。1番セット『鶏肉と野菜の味噌炒め』と2番セット『チャーシューとニラ、椎茸入り玉子炒め』を注文。このセットにはそれぞれ春巻とエビシューマイと小籠包の点心三品が付く。その他にライスか杏仁豆腐・中国風カステラが選択出来る。我々は迷わずライスを注文。
DSCF0434_convert_200#21D1A4
まず点心三品がやって来た。ホカホカの蒸籠の中にアツアツのエビシューマイと小籠包。かなり大きくこれは嬉しい。エビシューマイにかぶり付いてみる。プルプルした舌触りと甘いエビの風味がボワン・・と鼻腔を通り抜ける。大きいので一口では食べる事が出来ない。小籠包は火傷をしない様に注意深くかぶり付く。ジュワリ・・とアツアツの肉汁が皮の中から溢れ出し思わずそのスープを啜りながら頂く。う~む美味しい・・。
DSCF0435_convert_200#21D1A7
春巻もこれまた大きく一人当たり二本が付く。揚げた薄皮がパリパリと口の中で心地良く砕けこちらも誠に旨い。この点心三品で結構腹が膨れてしまう(笑)
DSCF0436_convert_200#21D1AA
こちらがメインの料理であるひとつ『鶏肉と野菜の味噌炒め』。細かく刻んだ人参、ピーマン、玉葱、鶏肉が味噌と絡めてあるもの。その色とりどりさが食欲をそそる一品。ライスと合わせて食べるとこれまたこたえられないくらい旨い。
DSCF0437_convert_200#21D1AD
もう一品は『チャーシューとニラ、椎茸入り玉子炒め』。こちらも中華料理独特の彩り。ニラと椎茸の風味が甘い玉子と絡んでよく合っている。ライスとの相性も抜群!どんどん平らげる。全てを平らげるとアキラ氏も伊蔵も満腹になった。座敷には我々の他にも観光客らしい団体客や二人連れの客などがいたが、明らかにメニューを注文しすぎて残してしまっているのが目に付いた。『満珠園」さんのメニューはそれほどにボリュームがある。

アキラ氏と伊蔵は満腹になった腹を抱えつつ『満珠園』さんを後に。中華街からこのまま桜木町の宿まで歩いて行けばチェックインの時間にちょうどいいだろう。十分食べたので宿まで歩けば消化も促進するだろうし。横濱中華街エリアを抜けて横浜スタジアムに程近い『大桟橋通り』に出た。
superhotelyokohama.jpg
この『大桟橋通り』沿いに今日takeさんが到着し宿泊するはずであった『スーパーホテル横浜・関内』がある。無事に走行していれば今頃この宿に辿り着き、我々と顔を合わせていたかもしれないと思うと非常に残念であった。今頃彼はどうしている事だろう。遠い土地での自損事故。頼る相手もいない一人でのツーリング、さぞ心細いに違いない。宿に入ってから再度連絡を取ってみよう。

アキラ氏と伊蔵は横浜スタジアムの脇を通ってJR関内駅の高架をくぐり途中、伊勢佐木町の商店街『伊勢佐木モール』を歩いて散策し、大岡川を渡って宿へと辿り着きチェックイン。今夜の『横浜オフ会』の集合時間は午後5時。十分に休む時間はある。今夜集まるオフ会のメンバー達がtakeさんの事故の事を知ったらさぞかし残念がる事だろう・・・・。<つづく>

※箱根峠の事故現場の画像はtakeさんより提供してもらいました。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/736-1dc48d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『シルバーウィーク横浜オフ』/その7 «  | BLOG TOP |  » 『シルバーウィーク横浜オフ』/その5

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。