2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州長野・上田の旅/その6・北国街道を歩く 後編

さて上田市の旧北国街道沿い『柳町』を散策してみるとしよう。
DSCF9718_convert_200#21DDD7
敷石で綺麗に路面が整備されている道の両側に古い家屋が立ち並んでいる。様々なお店が軒を連ねているがまず目に付くのが『岡崎酒造』さんという造り酒屋。
DSCF9706_convert_200#21DDA8
軒先には造り酒屋ではお馴染みの“杉玉”が注連縄に巻かれて吊り下げられている。
DSCF9716_convert_200#21DDD0
建物も見るからに古く、それなりの歴史を刻んできた風格というものが備わっている。杉玉のすぐ脇にはこれまた立派な屋号が銘打たれた木製の看板が掲げられている。
DSCF9707_convert_200#21DDAB
『岡崎酒造』さんの創業は1665年(寛文五年)というから江戸時代の初め頃。ざっとその歴史は340年以上という事になる。元々は「小堺屋」という屋号で当主は代々「平助」を襲名していたという老舗の造り酒屋だ。
DSCF9717_convert_200#21DDD3
ここではメインの商品として『亀齢(きれい)』という名のお酒を造っている。鶴は千年、亀は万年という言葉があるように長寿、つまり縁起をかついでお酒の名前を付けたのだろう。“綺麗”で美味しいお酒という意味にも通じるところがなかなか心憎い。菅平水系の水と長野県産の米を使って昔ながらの製法で今もお酒を造っている。
DSCF9708_convert_20091117001507.jpg
『柳町』の町並みは伊蔵の地元に程近い美濃市の古い町並みに非常によく似ていた。『柳町』の建物の軒先にも火災時に隣家への延焼を防ぐ為の防火壁“うだつ”が多く見られる。
DSCF9710_convert_20091117001620.jpg
元々は防火壁としての役目を果たす為に考えられた“うだつ”だったが江戸時代中期には自家の財力を誇示する為のものと化し、裕福な豪商等はこぞって立派な“うだつ”を屋根に上げたという。※上の写真は柳町内にある安原鍼灸院さんの屋根にあるうだつ。
homeisui_convert_200#21E2F9
うだつの上がる町並みを歩きながらどんどんと奥へ歩いて行くと十字路に出た。右手には『保命水』という水が湧き出す場所があり、左手角には『菱屋』さんという信州武田味噌を販売するお店がある。
DSCF9712_convert_20091117001730.jpg
今、伊蔵が立っているこの十字路は映画『犬神家の一族』の1シーンでも登場する。石坂浩二が扮する金田一耕助が捜査の依頼を受けて当地に初めて現れ、宿の場所を道の反対側からやって来た那須ホテルの女中はる(1976年版では坂口良子、2006年版では深田恭子)に訪ねるシーンである。
yanagimachi2_convert_20091122105100.jpg
◆1976年版『犬神家の一族』
yanagimachi1.jpg
◆2006年版『犬神家の一族』
映画の撮影にあたっては「犬神製薬」の電柱看板や板塀等のセットを付け加えてある。比べてみると1976年版と2006年版では大まかな建物そのものの場所は変わってはいないものの外壁など補修されて新しくなっているのがお分かりだろう。
yanagimachi3.jpg
観光地化で古い町並みが整備されている昨今、時代を経る毎に映画のロケ地として使う為にはもっと古めかしく見せるよう画像に対して加工したりセットを組んだりいろいろと手を加えていかねばならないだろう。
DSCF9713_convert_200#21DDC3
十字路をさらに進むと一筋の小さな川(矢出沢川)に架かる『神宮橋』がある。このまま先へ進んでみると国道18号を跨いで上田大神宮へと道は繋がっていた。国道へ出た所で伊蔵は再び柳町へ引き返す事に。
DSCF9715_convert_20091117001927.jpg
レトロな雰囲気の残る『柳町』は伊蔵が想像していたよりもずっと規模が小さかった。柳町通り自体も200m強といったところであっという間に歩ききれてしまう。
inugamike3.jpg
映画の登場するシーンで広がりを持った感じに写っていたのはきっとカメラマンの技術が成せる映像のマジックだったのだろう。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/740-e09092b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信州長野・上田の旅/その7・上田城へ «  | BLOG TOP |  » 信州長野・上田の旅/その5・北国街道を歩く 前編

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。