2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州長野・上田の旅/その17・二日目再び善光寺へ

長野市での二日目。つまり善光寺御開帳の最終日の朝を迎えた。伊蔵は午前10時に宿をチェックアウトしてまず最初にJR長野駅へと向かった。荷物を預けて身軽になる為と予め午後の特急列車の切符を手に入れておこうと考えたからである。善光寺御開帳最終日ともなればそれを見にやって来る参詣者の数も多いだろう。午後になってから切符の購入窓口が混雑する事が予想されたからだ。
DSCF9832_convert_200#22066D
長野駅を後にして伊蔵は中央通り(善光寺参道)を北へ向かって歩いた。今日の天候は昨晩長野市内で降り始めた雨は上がっていたものの空は一面の曇り空でいつ雨が降って来てもおかしくない状態であった。

実は伊蔵は早朝に起きてこの善光寺にやって来たかったのだがついつい寝てしまった。善光寺では毎朝、日の出とともに行なわれる“お朝事(あさじ)”と呼ばれる朝のお務めと、お朝事の為に本堂にやって来るご住職が参道に膝まづく参詣者の頭を数珠で撫でる“お数珠頂戴”というこのふたつの行事を実際に目で見てみたかった。だが御開帳期間中はお朝事を見る為にかなり多くの人が日の出前、早い人だと午前三時頃から並ぶというので前日に寝ている時間がほとんど無くなってしまう。元々朝が弱い伊蔵は諦めて遅くまで寝てしまった。
DSCF9834_convert_200#22067F
15~20分程掛けて善光寺の入口までやって来た。仁王門前には昨日と同じ様に『大回向柱』を触ろうとする傘をさす参詣者の行列が出来ていた。
DSCF9833_convert_200#22067B
仁王門をくぐり仲見世通りに入るとさすがに昨日夕方に訪れた時より人が多い。『大回向柱』を触る為に並ぶ人の行列と左右の土産物店にたむろする観光客が入り乱れるこの人混みの中をスムーズに歩くのはなかなか出来なかったが人を躱しつつ先へと進んだ。
DSCF9859_convert_200#2206DB
仲見世通りを歩き、山門前まで辿り着く。山門自体も御開帳期間中は昇る事が出来るらしく巨大な山門の上には人の姿がチラホラと見えた。
DSCF9861_convert_200#2206DF
是非とも伊蔵も山門の上からの景色を楽しんでみたかったが昇るにもこれまた長い行列に並ぶ事になるので断念した。山門をくぐり終えると善光寺本堂はすぐ目の前だ。
DSCF9836_convert_200#220687
昨日暗くなってから見た際とは違い、明るい陽の下で眺める『善光寺本堂』はやはりかなりデカい。
DSCF9838_convert_200#22068F
正面から見ると鳥が大きく翼を広げた様な優雅な形をしているこの建物は江戸時代中期1707年(宝永四年)に再建されたもので国宝に指定されている。正面七間(23.9m)側面十六間(53.7m)の大きさがあり世界最大の木造建築物である『東大寺大仏殿』と並ぶ巨大木造建築物である。設計担当は『甲良宗賀(こうらむねのり)』で日光東照宮を担当した大工『甲良宗広(こうらむねひろ)』の孫にあたる人物だ。
DSCF9855_convert_200#2206CF
善光寺本堂はよく炎上し焼失する事で有名で、この地に創建されてから現在に至る約1400年間に記録に残るだけでもこれまで実に11回も焼けている。これほど焼失し再建されて来た本堂は日本において他に例がない。焼失する度に時の権力者達の手によって再建されて大切に守られてきた。信仰の力というのは凄まじい。
DSCF9835_convert_200#220683
また普通の寺社建築とは違って本堂に入る入口が『妻入り(つまいり/三角屋根を正面にして本堂内に入る形)』方向になっているのも善光寺本堂の建築様式の特徴の一つになっている(全国にある善光寺系の建物もこの形をとっている)。
DSCF9846_convert_200#2206AB
本堂の屋根の形も独特で『撞木造(しゅもくづくり)』という様式をとっている。つまり屋根を真上から眺めた時にその形が撞木の様にT字型をしている事からこう呼ばれる。Tの字の横棒部分がちょうど本尊が安置されている内々陣にあたる。
DSCF9845_convert_200#2206A7
この屋根様式を使う事によって本堂内で最も神聖な場所である内々陣上部の天井高を高くする事が可能となり大空間を造りだす事が出来るのだ。このあたり西洋の大聖堂や教会建築様式に似ている。
DSCF9840_convert_200#220698
伊蔵はその巨大な本堂をグルリと一周してみた。本堂の左側面へ回ってみると何やら人の行列が。それは善光寺名物『戒壇めぐり』の順番を待つ長い長い行列であった。
DSCF9842_convert_200#22069B
先にも書いたが本堂内の内々陣に設けられた真っ暗な地下道を手探りで進み本尊の阿弥陀如来との縁が結ばれるという『戒壇めぐり』は善光寺でも人気のアトラクション?(笑)のひとつで人気が高い。
DSCF9843_convert_200#22069F
しかし人気が高いアトラクションの順番を待つ為に長い行列に並び長時間を費やさねばならない事はどこへ行っても一緒やな・・・。
DSCF9844_convert_200#2206A3
結局この長い行列を見ているだけで疲れてしまい伊蔵は『戒壇めぐり』も諦めざるを得なかった。
DSCF9850_convert_200#2206BB
本堂を一周し終えて本堂脇にある土産物やお守りやお数珠などを分けている平屋建ての建物に入ってみた。この建物内にも人が一杯でまさに“御開帳景気”に沸き立っているという感じであった。
DSCF9848_convert_200#2206B3
土産物の中には『御開帳期間限定』の文字もチラホラ。それに釣られて客が土産をいくつも買い求める・・・善光寺もこの御開帳期間中にしっかりと金儲けをさせてもらっているようであった。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/751-773671dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信州長野・上田の旅/その18・“おやき”と“酒” «  | BLOG TOP |  » 信州長野・上田の旅/その16・夜の善光寺へ(2)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。