2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州長野・上田の旅/その19・最終回やはり〆は蕎麦

善光寺参道を下った伊蔵は『権堂商店街』のアーケードの西口に辿り着いた。そろそろ小腹が減って来たので権堂で昼飯でも食べてみようと思いアーケード街へ入ってみた。権堂には様々な飲食店があるがやっぱりこの商店街でもラーメン屋が多い。ラーメンにしようか迷っていたが『松竹相生座・ロキシー』という古めかしい映画館の入口付近で切妻屋根のとても小さな蕎麦屋を見つけた。
DSCF9870_convert_200#220704
本場戸隠の手打ち蕎麦と銘打たれた『そば処 とがくし』という名の蕎麦屋さんであった。カウンター11席のみの立ち食いに限り無く近い小さな小さな店舗である。後から調べて分かったがこの権堂の一店舗、JR長野駅近くのビルの地下一階にも一店舗あるようだ。チェーン店なのか?この『とがくし』さん、小さな店舗だがお客さんで結構混雑している。とにかく中に入ってみよう。お約束の様にカウンター席の一番端へ座る。

店内は想像通りかなり狭い。カウンター内の厨房内はさらに狭いがおばちゃん三名で切盛りしていた。リーダー格っぽいおばちゃんは権堂の肝っ玉かあさんという感じで元気が良く、狭い厨房内で忙しく動き回っていた。ここのお蕎麦はおばちゃんがキチンと手で打ったものが出されるという。

伊蔵はお品書きにあった温かい『山菜蕎麦』を注文させて頂いた。注文の品が出てくる間にもお店にやって来るお客さんは引っ切りなしでやって来てたちまち11席のカウンターは埋まってしまった。夜も遅くまで営業されているようで仕事帰りに権堂で一杯お酒を引っ掛けたサラリーマン客などが〆としてよくこのお店を利用するらしい。〆に食べるならラーメンよりも蕎麦の方が身体に良さそうである。遅くまで営業している手打ちのお蕎麦屋さんは伊蔵の地元ではなかなかお目に掛かる事はない。
DSCF9869_convert_200#220700
しばらく待っていると注文した『山菜蕎麦』が伊蔵の前にやって来た。小さな碗にあっさりとした温かそうなお汁と手打ちの蕎麦、かなり多めに盛られた山菜(ぜんまい)と茸が嬉しい。カウンターに置かれた根元 八幡屋礒五郎の七味をパラパラと振り掛けて早速頂く。山菜や茸の苦味と醤油味のお汁のあっさりした風味を鼻腔に感じつつ手打ちの蕎麦を啜るのは何とも幸せだ。時折七味のピリッとしたパンチの効いた味を楽しめるのもなかなかイイ。あっという間にお汁も残さずやっつけてしまった。『とがくし』さん御馳走様でした!

再び伊蔵は権堂商店街西口から善光寺参道へと抜けてJR長野駅方面へ向けて歩いた。『とがくし』さんのお蕎麦は美味しかったがいかんせん伊蔵の胃を膨らすには少々少なかった。そこで長野を去る前にとどめの蕎麦をJR長野駅前のビルの一階にあるお蕎麦屋さん『そば亭 油や』さんへ。
DSCF9873_convert_200#22070C
こちらのお蕎麦屋さんは随分モダンで綺麗なお店であった。しかしこの蕎麦屋を経営するアブラヤ株式会社の創業は江戸時代の天保四年というからなかなか歴史は古い。元々飲食店ではなく油と塩の商いから創業したという事で社名や店名の『油や』はその名残りであるようだ。

駅のすぐ近くの蕎麦屋という事でお客さんの層も圧倒的に観光客が多く伊蔵が訪れた時間も大変混雑していた。ここ『油や』さんは蕎麦屋の他に宴席も行なえるスペースも備えていて大勢で長野の季節料理を楽しむ事が可能だ。その為、お品書きには各種蕎麦の他にも『焼肉定食』や信州ではよく食べられる『馬刺』の名も並ぶ。
DSCF9872_convert_200#220708
伊蔵が『油や』さんで注文したのは『天麩羅蕎麦』これならお腹も膨れるだろう。天麩羅は海老、茄子、南瓜、シシトウの四種。これにお蕎麦が付く。至って普通でありお品書きそのままのメニューであった。食後には蕎麦湯もしっかり頂いた。蕎麦湯を飲みながらしばらくゆっくりしたかったのだが店内はかなり混雑していて行列も出来始めていたので早々に退散する事に。『油や』さん御馳走様でした!
DSCF9874_convert_200#220710
伊蔵の上田・長野の旅も終わりに近付いて来た。考えてみればこの二日間、蕎麦を食べる事に始まり蕎麦で終わったという感じで終わった旅であった。
DSCF9853_convert_200#2206C7
長野県は伊蔵の地元岐阜県の隣の県でありながら両県の面積はとても広大で、距離もあるし移動にも時間が掛かるのでなかなか長野市まで出向く機会がなかったが『善光寺御開帳』という七年に一度のイベントが開かれるこの機に思い切って出掛けてみて良かった。御開帳の賑わいや権堂の蕎麦屋『かんだた』さんのご主人、女将さんとの交流など以前に長野に出掛けた際とはまた全然違った思い出が沢山出来た。
DSCF9876_convert_200#220718
伊蔵は長野での思い出を胸にJR長野駅改札口を抜けて特急列車『ワイドビューしなの』の車窓の人となった。
DSCF9877_convert_200#22071C
途中聖高原へ向けてどんどん山の斜面を高度を上げていく列車の車窓から長野方面を眺めて見ると本降りになって来た雨に薄く煙る善光寺平が遠くなって行くのが見えた。<完>

DSCF9870_convert_200#220704
◆本場戸隠の手打ち蕎麦『そば処 とがくし』権堂店
・住所/長野県長野市権堂町2255
・電話番号/026-234-2670
・営業時間/11:00~14:00 17:00~24:00
・定休日/日曜日・祭日
・お店が紹介されているリンク先URL
http://www.geocities.jp/daifuku_whisky/nagano/togakushi-gondo.html

DSCF9873_convert_200#22070C
◆長野駅前『そば亭 油や』
・住所/長野県長野市末広町1355-5 ウェストプラザ長野
・電話番号/026-226-6761
・営業時間/11:00~23:00
・定休日/無休
・ホームページURL
http://www.n-aburaya.com/



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/753-c3c61c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふたり大阪・食い倒れBlues/レポートを始めるにあたって «  | BLOG TOP |  » 信州長野・上田の旅/その18・“おやき”と“酒”

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。