2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたり大阪・食い倒れBlues/その1・難波~日本橋

2009年6月13日土曜日早朝、伊蔵はJR東海道本線で大阪へと向かっていた。滋賀県の米原駅で姫路行の新快速列車に乗換え、京都を経て大阪駅に午前9時43分定刻通り到着した。

この日友人takeさんは愛車スーパーカブ90カスタムに乗って名古屋市内から国道1号を西進、三重県鈴鹿峠を越えて滋賀県に入り甲賀郡水口町から国道307号に折れ、信楽焼で有名な信楽町を通って大阪入りする予定。伊蔵とは大阪市内天王寺区にて予約してある宿の前で落ち合う約束をしている。

大阪駅から市内中心部の難波へ向かう為、伊蔵は大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田駅から地下鉄に乗り南へと進んだ。淀屋橋、本町、心斎橋の各駅を通過し、難波には午前10時に到着した。
DSCF9878_convert_200#220FA9
2007年10月に訪れて以来の大阪である。随分と久しぶりだ。大阪入りした伊蔵がまず向かった先は新歌舞伎座方面であった。新歌舞伎座付近にちょっと面白そうな立ち飲みのBARがあるという情報をtakeさんから得ていたので見ておきたかったのだ。その場所は新歌舞伎座のすぐ裏手らしいのだが・・・。
DSCF9882_convert_200#220FB6
伊蔵が大阪に訪れた6月の興行を最後にこの新歌舞伎座は閉館し上本町に移転となるようであった。新歌舞伎座の周辺の路地は“なんば楽座”という飲み屋街になっていてそれこそ数えきれない程の飲み屋がひしめいているかなりディープなゾーン。
DSCF9881_convert_200#220FB1
目当てのお店があると思われる新歌舞伎座のすぐ裏手の路地は予想以上に狭くて道幅2mあるかないか。路地の長さは50m程。その間に怪し気な名前のスナック、BARなどが何十軒も並んでいる。各店の間口も信じられない程狭い。店内もきっとかなり狭い事だろう。takeさんから情報を得た立ち飲みBARの名は『酒場の鬼太郎』という(笑)

妖怪漫画の巨匠水木しげる氏の『墓場の鬼太郎』をもじって(多分無許可?)店名にしてしまったというBARである。しかし・・・店の場所はこの路地にまず間違いないが看板が出ていなかったので昼間には特定が出来なかった。陽が暮れてから再度訪れてみる事にしよう。
DSCF9879_convert_200#220FAD
伊蔵はなんば丸井と大阪タカシマヤの前を通り賑やかなアーケード街『なんば南海通』へ。
nankaidori.jpg
このなんば南海通のアーケード街を東に進めば千日前通りに通じる。この日もアーケード街には人々が溢れていた。世の中は不景気だというがこの大阪の街の活気というものを目の当たりにするとそんな事すら忘れてしまう。
DSCF9884_convert_200#220FB9
以前にtakeさんに大阪土産としてご馳走になった美味しい焼きたてチーズケーキを販売する『りくろーおじさんの店』難波本店もこのなんば南海通沿いにある。
DSCF9885_convert_200#220FBD
千日前通りとのアーケードの交差点で右折なんばグランド花月方面へ向かう。このなんばグランド花月のすぐ近くにも一風変わったラーメン屋さんがあるのを御存じだろうか。
DSCF9886_convert_200#220FC1
間口の狭い真っ黒な構えのラーメン屋。異様なのは鎖で店頭に吊り下げられた牛の大腿骨。この骨が店頭に吊られていれば営業中だという印なのだという。このラーメン屋の名は『宗家一条流 がんこラーメン十八代目 』。しょっぱいが美味しい塩ラーメン(調整は可能)を頂けるらしい。宗家一条流は元々関東で発祥したラーメン店でその創始者(家元と称される)は一条安雪氏である。

この大阪のお店は家元の18人目のお弟子さん。つまり分家の店という訳で十八代目という名がついているのだが店の建物自体に店名は書かれていない。これは家元の『店名を消せば本当にラーメンの好きな人しか来ない。それで店名を黒いスプレーで塗り潰した。目印にはガラに使うゲンコツを使おう。』という考えに基づいている。

かなり気になるラーメン屋さんで立寄りたかったが伊蔵にはこれから行く店がすでに決定していたので今回はお預けだ。伊蔵はそのまま東へ続く道を真っ直ぐ進み、日本橋の黒門市場を目指した。前回大阪に訪れた際に定休日で立ち寄る事が出来なかったお店に伺う為だ。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/756-6dcbba01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふたり大阪・食い倒れBlues/その2・黒門市場と“あそこ”のカレーうどん(1) «  | BLOG TOP |  » 明けましておめでとうございます

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。