2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉店FINAL!/その1

ここでは閉店が迫ったtakeさんのお店で2~3月に開かれた閉店ファイナルイベントの模様を報告したいと思います。
DSCF0688_convert_201#227101
2010年2月28日の日曜日。
BarギコONLINE名古屋OFFがtakeさんのお店で開催された。takeさんはすでに新しいお店の方で仕事を始めているがこの旧店舗のテナント使用権利が3月一杯まで残っている。しかしながらtakeさんは月曜から土曜までは新しい勤め先での仕事がある為、旧店舗での営業は日曜日のみ。参加メンバーの皆にはその点について了解してもらい実現した今回のOFF会であった。名古屋で何度か開催されたOFF会。このお店で行なうのもこれで最期となる。今回の参加メンバーは以下の通り。

草加君、ヤツメウナギ君、ジャックことtakeさん、アキラ氏そして伊蔵の5名。もう一人、遠く宮城県からマスターが駆け付けてくれるはずであったが彼が出発しようとしていたOFF会前日に地球的規模の天災が発生した。2月27日3時34分(現地夏時間6時34分)に起きたチリ地震である。この地震によって太平洋上に発生した津波によってマスターの住む地域にも大津波警報が発令され、彼は避難せざるをえなくなりとても名古屋までOFF会に来れる状態ではなくなってしまった。この津波はチリで発生した後、わずか23時間後には第一波が日本に到達した。
100228_1159~001
避難が終わった時点で彼から画像とともにメールが届いた。彼の家は海に面している為、一階の主だった品々を二階へと全て上げてクルマやバイクなどとともに家族と高台に避難したとの事。まったくお疲れ様という他ない。というわけで今回のOFF会に彼は残念ながら不参加となってしまった。名古屋オフ不参加の理由が日本からはるか彼方の1万7000キロ先で起きた地震が原因だとは何ともスケールがデカ過ぎる・・・。

そしてOFF会の当日。今回の幹事は千葉県からやって来るヤツメウナギ君である。彼は鉄道を使っての旅が趣味で日本各地あらゆる場所に現れる旅人だ(笑)今回の名古屋OFF会にはその鉄道旅の途上に立ち寄る形という実にちゃっかりとしたスケジューリングになっているようだ。

OFF会会場となっているtakeさんのお店に集合時間の午後5時に辿り着いてみるとすでに草加君が先に来店していた。彼を顔を合わすのも随分久しぶりである。久々の再会にしばし談笑していると次に現れたのは“さすらいの鉄道トラベラー”ともいうべきヤツメウナギ君だった。彼は名古屋へは北陸まわりでやって来たようだった。現れた彼を見て驚いたのが手にしていた紙袋2つの中の土産物の多さであった。

『ウナギ、おみゃ~さんは行商人かい(笑)?』

思わずtakeさんが声を上げてしまう程。お酒の差入れにキャラメルとチョコの詰め合わせに北陸で手に入れたお菓子詰め合わせといったまさに何でもありの土産の数々。行商人といわれても仕方がなかろう。これら荷物を持っての旅の移動はかなり大変だと思うのだがせっかくの彼の好意、有り難く我々は頂戴する事にしたのだった(これら豪華な土産物を持参したのは彼の気持ちの中でtakeさんのお店が閉店になるとの事で今までの感謝の気持ちを込めてという意味合いもあったのかもしれない)。

土産物の披露が一通り終わったところで顔を出したのはアキラ氏であった。男ばかりで華が無いのが少々寂しいがこれでOFF会メンバー全員が揃ったのだった。このお店を会場とした名古屋OFFはこれで最後という事もありtakeさんは腕によりを掛けて下準備をしていてくれていたようだ。早速メンバー5名でエビスビールで乾杯(ヤツメウナギくんは未成年なんで勿論烏龍茶で乾杯です)。
DSCF0658_convert_201#2270B9
まずは『刺盛り3種』。赤貝、蛸、鮪の中トロである。早春の2~3月が旬である赤貝は色も綺麗でさすがに身も厚い。蛸もその脚の太さから推測するにかなり大きいものだと思われる。嬉しいのはその蛸をtakeさんは肉厚にブツ切りしてくれているところ(笑)。きちんと口の中で咀嚼しないと飲み込めない大きさに切ってある。しっかり嚼めばこそ蛸の味わいが滲み出るというものだ。鮪の中トロも見るからに美味しそうな彩り。綺麗なサシも入って実に食欲をそそられる。ファイナルだけにtakeさんの料理も力が入っているのがやはり分かる。
DSCF0659_convert_201#2270BB
この『刺盛り3種』をチビチビと酒を飲みながら味わう。ピリッと山葵を利かせて食べるのもなかなかオツだ。気の合った仲間と飲み食べ語るのはやはり楽しい。
DSCF0660_convert_201#2270BF
『蝦蛄(シャコ)』の軍団も皿に乗って現れた!ナリは宇宙生物の様でグロテスクなシャコだが身はあっさりとしていて非常に旨い。メンバーめいめい自分自身の手で背と腹部分の殻を剥いて頂く。takeさんのお店では食材によってはすぐ食べれる状態にしてからお客に出さず、“これはこうやって食べるんだよ”と教えてくれてあとはお客自身の手で作業し食べれる状態にする事が度々ある。この口に入れる前段階の作業が結構面白かったりする。
DSCF0662_convert_201#2270CA
takeさんは伊蔵のリクエストに応えて『穴子フライ』もきちんと用意してくれていた。伊蔵は大阪・新世界での大衆酒場『酒の穴』にて食べた味が忘れられなかったので予めOFF会当日前にリクエストしておいたのであった。
DSCF0661_convert_201#2270C5

『今日は黒毛和牛も用意したで!』

と、takeさん。おもむろに厚い肉塊を我々OFF会メンバーの前に披露。メンバー誰かれともなく『おおぉ・・・』と感嘆の言葉が漏れる。この肉塊を目の前でtakeさんは焼いてくれた。
DSCF0663_convert_201#2270CE
いい塩梅に焼かれた黒毛和牛ステーキが大きな丸皿に盛られてやって来た。一切れを口に放り込み肉を噛むとジュワリ・・・と何とも言えない甘さの肉汁が溢れ出す。こりゃタマランわ(笑)美味しい食事に舌鼓を打ちながらOFF会メンバーと楽しく談笑。話題の内容は様々。最近のメンバーの近況やヤツメウナギくんの鉄道旅の今後についてや、草加くんが密かに購入を画策中の新車ハーレーダビッドソンについて等々。特にtakeさんとヤツメウナギ君はお互いがネット上でつぶやきあっている“ツイッター”の件に付いて熱く激論を交わしているのが印象的だった。

今夜の名古屋OFF会でのメインメニューはtakeさんが仕入れて来てくれた『河豚』。これを使っていろいろ食べさせてくれるようだった。
DSCF0664_convert_201#2270D2
まず最初の一品は山盛りの刻みキャベツの上にちりばめられた『河豚の身の唐揚げ』。河豚は白身の魚なのでこうした唐揚げにしても非常に美味しい。河豚という高級魚を唐揚げで頂くというのはかなり贅沢なことだがtakeさんのお店では気軽に食べさせてくれる。カリッとした衣に淡白な河豚の身とそれにドレッシングがかけられたキャベツを一緒に頬張る。アツアツの唐揚げと冷たいキャベツがこれまた合って美味しい。
DSCF0665_convert_201#2270D6
takeさんがコンロの上に鍋の用意をし始めた。いわずと知れた今夜の料理のメイン『河豚鍋』の準備である。
DSCF0667_convert_201#2270DB
鍋の中に葱と大振りにブツ切りされた河豚を入れこれを煮る。これで河豚の出汁が十分沁み出てくる。出汁が出た頃合いをみて小皿に入れたポン酢に取分けて頂く。
DSCF0668_convert_201#2270DE
ポン酢の酸味と淡白な河豚とその身から出た出汁が一体になって旨い事この上ない。
DSCF0669_convert_201#2270E3
河豚の身を食べ終えたところで再度鍋を戻し今度は米を入れまた煮る。お次は『河豚雑炊』だ。これがまた河豚の出汁を米が吸って旨いんだなぁ~。
DSCF0670_convert_201#2270E7
再度鍋が煮立ったら溶き卵を投入!熱く煮立った鍋の中で溶き卵が凝固していく。米が十分に河豚の出汁を吸って膨らんで来たら出来上がりだ。
DSCF0672_convert_201#2270ED
最後の仕上げに鍋一面に刻み海苔を振り掛ければtakeさん特製の『河豚雑炊』の出来上がり。ひゃ~やっぱり寒い時期はお腹があったまり身体にも優しい雑炊がいい!
DSCF0673_convert_201#2270F0
『河豚雑炊』完成と同時になぜだか分からんが“河豚雑炊撮影会”が始まってしまった(笑)。撮影もほどほどにしないとせっかくのtakeさんが腕によりをかけて作ってくれたアツアツの河豚雑炊が冷えてしまう。雑炊はやっぱり熱いのを食べるのが一番!さっそく頂こうとしよう。
DSCF0676_convert_201#2270F4
『河豚雑炊』で腹の底から温まりました。今回の名古屋OFF会でのメニューは以上。このお店でのOFF会開催はこれで最後とあって贅沢な内容でメンバーも大満足!takeさん御馳走様でした。
DSCF0680_convert_201#2270F9
今回も無事盛況の内に名古屋OFF会も終了。takeさんはOFF会参加者全員に手造りの特製時雨煮をお土産に持たせてくれた。残念だったのは不測の事態で参加出来なかったマスターやその他都合が悪くて参加出来なかったのBarギコONLINEのメンバー達。みんなにもこのお店で開催される最後のOFF会に是非とも参加して貰いたかったが・・・。なかなか全員が都合を合わせるのも難しいのでこればかりは仕方がない。
DSCF0691_convert_201#22710A
草加君、ヤツメウナギ君、アキラ氏、そしてOFF会に向けて忙しい中をいろいろ準備してくれたtakeさん。本当にお疲れ様でした。次回は是非メンバーみんなで新しいお店でのOFF会が出来るといいネ。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/776-425ed3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北陸(2杯目)&名古屋OFF旅行 その8

ここのところ忙しすぎてブログの更新もままならない今日この頃。 昨日はバイト上がりに某研究所の方とスカイツリーに行ったり、東武博物館に...

閉店FINAL!/その2 «  | BLOG TOP |  » ふたり大阪・食い倒れBluse/その19・最終回/二日目の朝

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。