2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閉店FINAL!/番外編

2010年3月28日の日曜日。この日はtakeさんのお店で使用していた食器関係をいくつか分けてもらう為に再び名古屋に出向いた。お店の通常営業は先日のイベントで終わっていたが今日は食器を貰い受けるついでに御馳走してくれるという。

店内に入るとtakeさんはここ数日間であらかた荷物を整理・処分したのかお店の中はすっきりと片付いていた。『伊蔵君、さすがに疲れたよ・・・』takeさんは呟いた。小さいお店ではあるものの処分するものは結構多かったようで、それを一人で片付けていた彼は相当に疲労してしまったようだ。
DSCF0721_convert_201#227885
店内のカウンター上には使用されていた食器が綺麗に積み上げられ整理されていた。『好きな物を持っていっていいよ』とtakeさんが言うので早速伊蔵は食器を物色し始めた。こうして一ヶ所に全ての食器を積み上げると小さいお店ながら実に沢山の食器が使われていたのだなぁと改めて思った。そのひとつひとつの器を眺めていると、ああこの器ではあの料理も食べたしこの料理も食べたなぁ。このグラスでは毎回ビールと焼酎を飲んだよなぁ・・・と様々な思い出が走馬灯の様に甦るのだった。
DSCF0720_convert_201#227882
器のどれもこれも思い出が詰まったものばかりだったが全部は持って帰る事は不可能なので、いくつかをセレクトして大切に新聞紙で梱包する事にした。みな馴染みのある食器ばかりである。
DSCF0722_convert_201#227888
梱包完了!最小限にセレクトした割りには数が多い(笑)用意して来た紙袋に全て入り切るだろうか・・。
DSCF0723_convert_201#22788C
何とか入り切ったが満杯だ(笑)重量もかなりある。酔って帰るのだから気をつけて割らない様に帰らねばならんな(笑)不意にtakeさんが『伊蔵君、片付いた二階も見てみるかネ?』と伊蔵を“開かずの二階”へと誘うのであった。以前に一度だけ二階に上がらせて貰った事があった。その時は荷物で一杯だったのを覚えている。
DSCF0724_convert_201#22788E
お店の二階には六畳と四畳半の二間がありすっかり片付いていた。takeさんによると以前にここを使用していたオーナーはやはり飲食店をやっていて一階はお店として、二階は住まいとして使用していたらしい。しかし風呂は無い。takeさん自身も開店当初はこの二階に寝泊まりをした事があったらしいが一階の椅子を並べて寝る事に慣れてしまって以来、二階で寝る事はなくなってしまったという。何度もtakeさんのお店で泊まらせて貰った事があった伊蔵もついに最後までこの二階で宿泊する事は出来なかった。それだけが心残りだ(笑)

一階に戻ってtakeさんとビールを一緒に楽しんでいると古株のタイガー氏がいつもの如く『やぁ!』と元気良く現れた。彼は前回行なった最後のファイナルイベントにも誘ったのだがその際には鎮西の地(九州)に旅に出ていて参加出来なかったのだ。九州での土産話を聞きながら酒をしばし飲んでいると今度はアキラ氏の登場だ。彼らにも好きな食器を持って行けととのtakeさんのお言葉が。彼らは後日に食器を受取りに来るとの事だった。
DSCF0725_convert_201#227892
takeさんはむさ苦しい我ら男三人の為にまずトロサーモンを振舞ってくれた。
DSCF0726_convert_201#227894
次にこのメンバーに相応しい料理『ホルモン焼き』。この料理は以前にこの同じメンバーで下呂温泉に下呂温泉に出掛けた折にJR下呂駅前に店を構える『だるまや』さんで一緒に食べた思い出の品であった。また三重県は亀山市で名高い『亀八食堂』でもこのメンバーでホルモンを食べた。最後にこのメンバーで味わう料理としてこの選択はなかなか渋いものがある。さすがはtakeさん。
DSCF0727_convert_201#22789A
出来上がったホルモン焼きに長野の一味唐辛子を振り掛け頬張る。ピリリっとカプサイシンの辛味が効いたホルモン焼きは実に美味しい。一通り食べた後はもちろん!
DSCF0728_convert_201#22789D
うどんを投入してのお楽しみ!弾力のあるうどんをホルモンと一緒に瞬く間にやっつける。このメンバーではさすがに無くなるのが早い(笑)
DSCF0730_convert_201#2278A3
最後にtakeさんが用意してくれたのは『ひっぱりそば』なるもの。東北の山形県の郷土料理らしく『ひっぱりうどん』の方が有名なのだがこれはその蕎麦版というべきもの。たっぷりの湯でまず蕎麦を茹でる。
DSCF0729_convert_201#2278A0
これをみんなで引っ張りだしながら小鉢に入った生卵、納豆、鮭などを箸で掻き混ぜたトロトロとしたタレに温かい蕎麦を付けて食べるといったものである。
DSCF0731_convert_201#2278A7
ネバリのあるタレに蕎麦を付けてズルッパ!と食べる。なかなかこれが美味しかった。これがtakeさんのお店で最後に食べた料理となった。今夜の伊蔵は少々飲み過ぎてしまった様で軽い頭痛が発生し始めていた。これで最後と思うと名残惜しいがそろそろ退散しよう。おっと頂いた食器を忘れてはならない。しかし酔ってヨレヨレの身体に紙袋に満載になった食器の重量感はかなりツライものがあった。割らない様に帰らねば・・・。

四回に分けてtakeさんのお店の閉店イベントの模様をお届けしてきた。takeさんにしてみれば平日は新しい店で働かねばならず、旧店舗の荷物の処分などを空いた時間内でこなせばならない中でのイベント開催であり、特に三月は休む暇がなかったのではないかと思う。takeさん本当にお疲れさまでしたと言いたい。
DSCF0689_convert_201#22720A
この日以降、彼には会ってはいない。きっと新しいお店の方で頑張って料理の腕をふるっている事だろう。機会をみつけて伊蔵も新しい店に顔を出したいと思っている。その時は彼とまた楽しくお酒を飲み交わしたいと思う。

                                                                    
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/779-d2cdb2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

pomeraを導入しました «  | BLOG TOP |  » 閉店FINAL!/その3

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。