2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原攻め その2

関ヶ原に流れている「相川」という川沿いの道に出た。すると・・
DSCF3439.jpg

川に鯉のぼりが泳いでいました(笑)う~ん国道を走っていたらこの光景は見る事が出来なかったでしょう。儲け物でした。相川ではGWという事もあって多くの家族連れが河畔でバーベキュー等をしていました。帰宅してからこの「相川の鯉のぼり」について調べたら結構有名な行事で、垂井の春の風物詩となっているのだそうだ。

しばらく走ると関ヶ原町には入ったが最終目標地点のJR関ヶ原駅にはまだ到着していない。
DSCF3441.jpg

関ヶ原はお茶も有名なのか、茶畑がありました。茶畑の中を走っていたら道が行き止まりになってしまったので仕方なく国道21号に出た。緩やかな坂道が続く。この坂道が関ヶ原駅前まで続くわけだ。しばらく走ると国道右手に
DSCF3442.jpg

「天下茶屋」が見えて来た。今日は休みのようだった。伊蔵は以前琵琶湖まで走った時にここで小休止した。今回もここで小休止と水分補給をした。

休憩を終え、「天下茶屋」から数百メートル先に「桃配山(ももくばりやま)」が国道左手に見えてくる。この山は西暦1600年(慶長5年)9月15日の関ヶ原の戦いの際、東軍の徳川家康が最初に本陣を構えた山なのだ。戦いの最初の数時間はなかなか勝敗のきっかけが掴めなかった為にイライラした家康はこの本陣を棄て、本多正純など家臣団の反対を聞かずさらに関ヶ原の中央部まで本陣を進めてしまうのだが・・。
DSCF3445.jpg

この「桃配山」を後にして坂道を登りきると右手にJR関ヶ原駅がある。
image01.jpg

午後3時についに到着!所要時間3時間45分かかった。目標達成までは至らなかったがまずまずの出来。駅舎の脇に自転車を停めタバコ一本に火を付け文字通り「一服」(笑)スゥーと吸い込んだらクラクラして仕舞いました(苦笑)しかしこの一服は美味しかったです。

しかしこの駅で思わぬ出会いが伊蔵に待ち受けていたのであった・・・。<つづく>
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/78-2a721a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

関ヶ原攻め その3 謎の人物との出会い «  | BLOG TOP |  » 兵どもが夢のあと 関ヶ原攻め

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。