2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近『香味』ってる!?(1)

はい!随分と香味ってます(笑)。
伊蔵がお世話になっている名古屋は池下の季節料理のお店『香味(かみ)』。頑張り屋の大将tunchoさんと友人takeさんが切り盛りしているこのお店、この伊蔵通信でも二度ほど取り上げさせて頂いた。今年の4月末に初めてこのお店にデビューさせていただいてから早くも4ヶ月近くの時が経っている。この間にも週末には何度か足を運んでいる伊蔵。その都度大変お世話になっている。
DSCF0732_convert_201#22CC06
足しげくお店に通う内に常連のお客さん方とも顔見知りになり声を掛けて頂けるだけでなく料理やお酒のご相伴に預かる事もしばしば。伊蔵の週末の密かな楽しみになっている。お世話になっているのにお店の事をなかなか記事に書く事が出来ず、そろそろここで一回書いておかないと大将のtsunchoさんとtakeさんにダメ出しを受けてしまいそうなので今書いている(笑)

伊蔵が『香味』さんに出掛けるのは大概週末の土曜日が多い。土曜日は仕事量が少なければ定時前には仕事を切り上げることが多い為、お店の開店時間の午後五時には顔を出す事が出来、なおかつ終電までの時間をたっぷり店内で過ごすことが可能だからだ。“ウィークエンド五時から男”そのままである(笑)。

開店時間の午後五時前にはお店に到着してしまう事がしばしばで店内カウンターでは大将のtsunchoさんが支度中である事が多いのだが快く入店を許してくれる。だけでなく夜の仕事のスタートを祝うように冷えたビールを差し出してくれる。ただし出てくるグラスは例によって二つである(笑)。彼も夜の部スタートに際してはこの冷えたビールの一杯がなければ動きが鈍るらしい。

二人で一週間の内に起きた出来事について楽しく話しながらビールを一本空ける頃合いになるとtakeさんが出勤してくるパターンが多い(笑)二本目のビールが出てくると同時にグラスがまたひとつ増えるのであった。これで改めて三名でビールで乾杯し“週末夜の部・始動の儀”が完了するのだ。

それからの時間はカウンター内の二人もお客さんが来るまでは随分ゆったりしたした時間をビールを飲みながら過ごすのだがお客さんが立て込んでくるとカウンター内は一変して戦場と化す。年輩のお客さんなどは味覚が肥えておられる方が多いので(このお店での客層はほとんどこういった年輩の方が多い)料理に関してあれこれと注文をつけてくるのだが、そのリクエストを的確に聞きとどけ、今ある食材で大将のtsunchoさんとtakeさんはテキパキと巧く仕事をこなしていく。

伊蔵が『香味』デビューを果たして四ヶ月の間に西区にあったtakeさんのお店での常連客さんも徐々にだがデビューをしつつあり、『香味』で落ち合い一緒に食事をする事も最近多くなって来た。

そんな常連客のひとりである“桔梗屋さん”は自宅とこの店が近い事もあって結構足しげく通うようになっているだけでなく、自らの料理に磨きをかける為なのか大将のtsunchoさん、takeさんに料理の手ほどきやアドバイスを受けつつも美味しい料理を頂きお酒を飲むというスタイルがすっかり定着してしまっているようだ(笑)

伊蔵の友人は“酒好き”が多い為、酒に合うものをいろいろ工夫して作ってくれるのがこのお店のいいところ。また旬の食材や珍しいものが市場で手に入った時など振る舞ってくれる。これがまたみんな美味しいんだな。

大将のtsunchoさんにしろtakeさんにしろお酒が何よりも好きだし、どこかへ旅に出掛け美味しい食材や料理があれば自分の舌でまず食べては研究し、それに独自のアレンジを加えていく。その探求力や技術力は素晴らしいものがある。それが嘘でない証拠に我々の年代よりも随分上の年輩のお客さんのリピーターや常連さんが多い事でも分かる。そうした年輩のお客さんには特に料理に対して誤魔化しというものが利かない。

そうした年輩のお客さんの中には「前に一度ランチで来て美味しかったからまた来ました」とわざわざ夜に店に足を運び訪ねてくる方もいる。この一言は料理人の二人にとっては最高に嬉しい言葉なのではないかと思う。とにかく料理人というのは日々が勉強、とても厳しい世界だという事だ。

出してくれた料理について分からない点をいろいろと質問してみるのもここのお店での楽しみ方の一つかもしれない。大将は丁寧に質問に答えてくれる。それを聞きながら料理を食べ酒を飲むのもこれまたいいものなのだ。出されたものをただ食べるだけではツマランからね。次回は最近『香味』さんで食べさせて頂いた数々の料理の一部を紹介しておきたいと思います。<つづく>


スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

やっとかめに取りあげてくれたね~
まぁ伊蔵君のデジカメ&ポメラ紛失事件があったからしょうがないけどw

やはり伊蔵君のように第三者からの視点のほうが読者の方にいろいろ伝わると思うんだなー。

そろそろデジカメを購入してまた「香味」レポートお願いします~。
tsunchoも喜んでいるよ~v-275

No title

takeさん>>
いやぁ~やっとお店のレポが書けたって感じw
大将共々喜んでいただけたみたいで良かったです。

しかしデジカメとポメラ紛失はイタかった・・・ただでさえブログ更新が滞っている現状にもってきてこの事件はただただイタかった。あの時は完全に飲み過ぎでしたねw

また珍しいもん美味しいもん食べさせて下さい!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/801-f43d980c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近『香味』ってる!?(2) «  | BLOG TOP |  » 小田原・箱根への旅/その16・小田原『うおがし』さんへ

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。