2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のハマり飯


伊蔵の仕事の終了時間は毎日不規則なので夕飯はもっぱら外食になってしまうことが多い。帰宅するまでの時間空腹に耐えられず会社の近くで夕食を済ませて帰宅するのがほとんどなのである。

そんな不規則な食生活の中、最近ハマっている飯がある。数ある牛丼チェーン店のひとつ「すき家」の牛丼メニューの中の『にんにくの芽牛丼』である。夏のみの期間限定で8月10日よりメニューとして並んでいる商品だ。「すき家」の良いところは安くて早いという点とバリエーション豊富なメニュー構成であろう。牛丼だけでも実に様々な種類の牛丼がある。毎日食べても飽きないのが嬉しい。
ninnikunomegyudon.jpg
『にんにくの芽牛丼』は以前にもメニューとして存在していたようだがいつの間にか無くなってしまったらしく今回は夏限定という形ではあるが復活したもののようだ。ごく普通の牛丼の上にボイルしたにんにくの芽に唐辛子とラー油を和えてのせてあるだけのものだがこれがえらく旨く、にんにくの芽のシャキシャキ感と唐辛子とラー油のピリピリとした辛みが夏にぴったりなのだ。

この『にんにくの芽牛丼』の大盛を伊蔵は注文する。この他にお豆腐と味噌汁がセットの“健康セット”もしくは豚汁とサラダのセットを一緒に注文する事が多い。「すき家」の豚汁も伊蔵は好きで結構頻繁に注文する事が多い。仕事帰りのこの豚汁の熱い一杯は一日の緊張した気持ちを一瞬にしてホッとさせてくれるのだ。

さてその『にんにくの芽牛丼』。注文するとほとんど瞬く間にカウンター上へと運ばれてくる。さすがに早い。丼の上にのせられたにんにくの芽からは食欲をそそるにんにく特有の香りが立ちこめている。これを牛肉と飯と一緒にかっこむと甘い汁によって味が付いた牛肉とにんにくの芽の香り、唐辛子とラー油の刺激的な味が渾然一体となって口中に広がり、なんだか疲れた身体にスタミナが付いたように思えるから不思議なのだ。

にんにくの芽の香りは結構きついので食後に混雑した列車に乗って帰るのは他の乗客の皆さんに対して少々気が引けるという事もあるが、この旨さには到底代え難いのだ。にんにくはこの香りがあってこそ旨いのである。きっと今週も『にんにくの芽牛丼』を何度か食べてしまうであろう(笑)この他にも好きな牛丼メニューとしては冷たい大根おろしとポン酢で頂く『おろしポン酢牛丼』がある。これは非常にさっぱりとしていてこれまた暑い夏にはぴったりのメニューなのだ。
sumibiyakitoridon.jpg
牛丼の他を挙げると『炭火やきとり丼』が特に好きで食べている。ちゃんと炭火で焼いているのか鶏肉には炭の香りがついているし、タレも御飯に絡んでとても美味しく頂ける一品だ。皆さんも夏が終わる前にこの『にんにくの芽牛丼』一度ご賞味してみてはいかがだろう。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

僕も「すき家」さんは前のお店時代の朝ごはんによく利用したよ。
シンプルにごはん、みそ汁、漬物、生玉子、味のりのセットだったw

今の家の近所にもあるのが嬉しいわ~。今度は「にんにくの芽牛丼」チャレンジしてみるよ。

マイブームは「猫まんま」なんだけどねwv-10

No title

takeさん>>
この『にんにくの芽牛丼』の味は久々のスマッシュヒットですわw。にんにく好きの伊蔵にはタマラナイ一品です。シンプルなものなんで自宅で作ろうと思えばこれなら作れるよね。“ヌキ”で作ってお酒のツマミとして食べればサイコーかもw。一度ご賞味あれ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/806-90d59a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小田原・箱根への旅/その19・小田原城(3) «  | BLOG TOP |  » 小田原・箱根への旅/その18・小田原城(2)

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。