2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原・箱根への旅/その19・小田原城(3)

DSCF0584.jpg
暗い雨の夜の本丸敷地内。『小田原城天守閣』は白い照明に照らし出されてそこにあった。この天守閣は1960年(昭和35年)に江戸時代の宝永年間に再建された天守閣の設計図を元に復元されたもので三層四階の鉄筋コンクリート造の城である。スマート優雅な外観ではないもののどっしりとした安定感が漂わせるといったらよいのか・・そんな感じのする城だ。
DSCF0587.jpg
地上から石垣を飛び越して天守閣の一層目まで真っ直ぐにのびていく階段も城の内部へのアプローチも伊蔵がこれまで見学したことのある城の中ではちょっと無く、これは珍しかった。天守閣内は明かりがついていたものの開館時間はとうに終了しており残念ながら登城する事は叶わなかった。明日の宿からの出発も早いので今回は外からこの城を眺めるだけになるだろう。

八幡山の山裾の最先端部の丘の上に建つこの小田原城天守閣の最上階からはすぐ近くの相模湾が一望出来るだけでなく、晴れた日には遠く房総半島まで望見可能だという。登城出来ないのが非常に残念だ。次回この地に来た時には是非登ってみようと思う。天守閣内部は全国の復元された天守と同じく歴史資料の展示室となっている。
DSCF0585.jpg
外から眺める小田原城天守閣の構造は結構複雑であった。いくつかの櫓が付随していてくっついており、急に出っ張っている部分もあったりとその複雑な構造が全体として見た目のどっしりとした安定感をかもしだす一つの要因なのかもしれなかった。いつもは新幹線の車窓から天守閣の最上部のみをチラリと見る程度だったこの小田原城。間近で下から眺めるとなかなかの城である事が分かり伊蔵は見直したのであった。人気のない本丸に建つ小田原城天守閣を一通りぐるりと見て回った伊蔵はホテルに帰る事にした。今日は一日移動ばかりしていたのでさすがに疲れていたのだ。城へは明日の早朝再度訪れることにした。

ホテルに戻りシャワーを浴び一息。フロントに電話をしてマッサージを頼むことにした。ちなみに変なマッサージではない(笑)。まっとうなマッサージというやつである。しばしば旅先で疲れた時など伊蔵はマッサージ師にお世話になるのだ。

数十分後に伊蔵の部屋に現れたマッサージ師の方は伊蔵と同年齢かもしくは少し下と見受けられる男性であった。体格がしっかりした方でさぞかし力強く揉んでくれそうであった。伊蔵は仕事柄、目をよく使う為に慢性的な肩こりに悩まされている。首筋から肩の辺りが広範囲に渡って実にツライ。

特に痛みがひどい時には夜もまともに寝る事が出来ないくらいだ。また最近では腰の筋力が衰え始めたらしく二度のギックリ腰の激痛というものを経験した。その旨をマッサージ師の方に伝え、首筋から肩、背骨、腰、大腿部、ふくらはぎ、足先と、つまり全身を揉みほぐしてもらう事にしたのだった。

マッサージ師の男性はことのほかおしゃべりな人だった。まぁ毎日様々な旅人に宿に呼び出されてはマッサージを施す仕事なので自然とそういう様になるのだろう。マッサージ師は『今日はここへはお仕事で?』という話題から大抵振って来るのが常である。

マッサージ師の男性の体格がいいのは話を進めるうちになぜなのか分かってきた。実はこの方以前は建設現場で働いていたらしい。しかし長引く不況の波で建築で食っていくことが出来なくなり今の仕事、マッサージ師になったのだという。現場で毎日働いていた経験があるだけにその力はやはり強く『う・・ぐうう・・』と身体の筋を押さえられ続けている伊蔵は苦悶とも快感ともとれる声が漏れ出てしまうのだった(笑)。

約40分ほどのマッサージが終わる頃には伊蔵の身体は火照りに火照りまくりうっすらと汗までにじんでいるといった具合であった。これはかなり効いたわ・・・。マッサージ師の男性にお礼を言い別れのだがなかなか気さくないい人であった。きっと今夜はぐっすりと寝られる事だろう。明日は早めの時間に小田原を発って東京方面へ向かう予定になっている。早めに寝る事にしよう。<つづく>

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/807-c9b63c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小田原・箱根への旅/その20・一応、最終回w «  | BLOG TOP |  » 最近のハマり飯

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。