2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルウィングインターナショナル名古屋

伊蔵の『ビジネスホテル巡り』その第二弾です。
正月休みが終わってからというものなぜか急激に仕事が忙しい。昨年末に済ませる事が出来ずに年越しとなった仕事が年明けから一気に進み始めたからかもしれないが身体がなかなか付いていかず体調も不良がち。年末から急に気温も低下し始めたのもあるのだろう。そんな中、仕事が長引き帰りも遅くなってしまった事もあって前回宿泊した『アパヴィラホテル名古屋丸の内駅前』に引き続きまたまた丸の内で泊まってみる事に(笑)。丸の内には沢山ビジネスホテルがひしめいているので今度はどこに泊まろうか・・・と楽しみながら検索。

今回泊まる事に決めたのは伏見通と錦通が交差する日銀前交差点に程近い『ホテルウィングインターナショナル名古屋』。地下鉄鶴舞線丸の内駅からも近く交通のアクセスは抜群に良い立地。そのホテルの“デラックスシングル”という部屋を当日にネット予約してみた。
HWNG.jpg
伏見通沿いに建ち並ぶビル群の間に細長くそのホテルは建っていた。間口は狭いが奥行きは結構長いというまるで“鰻の寝床”のようなビルであった。茶色い煉瓦風の外壁で覆われた外観がなかなか落ち着きがあってよろしい。入口の自動ドアをくぐると1階左側がレストランになっており右側には2階へと通じる階段があった。どうやらフロントは2階にあるようだ。
HWNF.jpg
2階フロアへ上がるとシックな佇まいの広いロビーとフロントが。早速フロントでチェックインの手続きを済ませることに。

『伊蔵様ですね。お待ち申し上げておりました』

との挨拶と共にお使い下さいとおしぼりが出て来たのは少々伊蔵を驚かせた(笑)。さらに予約した“デラックスシングル”という部屋に宿泊するお客さんには自動的に特典としてバスケットに入ったスナック菓子もしくは飲料水(お酒含む)、入浴剤の内からお好きな一点をプレゼントしてくれるという。う~むこれは知らなかった・・・・。コンビニでさっきビールを購入してしもた・・。『じゃあお茶を・・』とペットボトルのお茶を頂きました(笑)

この『ホテルウィングインターナショナル名古屋』は11階建てで3~11階が客室で占められている。その階の内3~5階の客室は“デザインフロア”といって各階ごとで客室の内装が変わっている。3階の客室はダークブラウンを基調とした内装になっている大人の空間、4階はレディース優先のフロアになっていて白が基調の清潔感あふれる優しい空間。5階はパステルカラー中心の内装で暖かみが感じられる空間になっているというちょっと凝った客室構成となっている。

伊蔵が通されたのは5階の客室であった。前述のパステル調の空間である。伊蔵的にはダークブラウン基調の部屋が良かったのだが、まぁ仕方がない。早速部屋へと入ってみた。前回宿泊したアパヴィラに比べるとかなり広い事に喜びを感じた。アパヴィラのシングルルーム9平米に対してこちらのホテルのシングルは(デラックスだけあって)11.5平米ある。数値的にはそんなに差が無いように感じるが視覚的にはかなり広い様に感じた。
HWN.jpg
アパヴィラのような天然温泉はこのホテルには設備されていないが、バスルームもそんなに狭くなく、浴槽も大きくてかなり余裕を持って造られている点は満足出来た。ベッドの幅も135cmと十分大きい。一人でこの広大なベッドを占領し、使用するのは少々寂しい事ではあるが気にしないのである(苦笑)

パステル調の(ベージュ系の色)の壁はどうなのか?と最初は思ったのだが時間が経つにつれて慣れてきた。変に落ち着くというか苦にはならなかった。残念だったのはテレビ。液晶ではあったが画面がいかんせん小さい・・・。視力が悪く、横着な伊蔵はベッドに横になりながら画面を視聴したいのだがテレビが小さい為、ベッド際ぎりぎりまで身体を寄せないと観る事が出来ないのであった。下手をするとベッドから身体ごと転落しかねない・・・大画面を望むであった。

もう一つ残念だったのが客室の窓からの風景であった。窓を開けても隣のビルの冷たいコンクリートの無機質な外壁が眺められるだけであった。まぁこれは立地上、鰻の寝床状態だからいたしかたない。泊まれるだけでもこの点については目をつむって良しとしよう。

結果この『ホテルウィングインターナショナル名古屋』でも快適な一夜を過ごさせて頂きました。次の日の朝もゆっくり8時半まで部屋に居たのだが十分余裕を持って出社出来ました(笑)つくづくビジネスホテル放浪巡りが癖になりそうである。

◆ホテルウィングインターナショナル名古屋HP
http://www.hotelwing.co.jp/nagoya/index.html

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/821-3c17922d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『三千盛 感謝祭』/その1・多治見へ «  | BLOG TOP |  » 仕事始めの日

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。