2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三千盛・秋の感謝祭/その1・市之倉さかづき美術館

2011年11月27日の日曜日、春に引き続き多治見市笠原町にある酒蔵『三千盛』の秋の感謝祭に出掛けて来た。このイベントに行こうと誘ってきたのは例によって日本酒好きな友人“桔梗屋さん”である。でもまぁ前回の春の感謝祭の際にも『秋のイベントも是非!』なんて言っていたので今回のお誘いは必然的なものであった。

参加メンバーは春に引き続き桔梗屋さん、アキラ氏そして前回は参加できなかったエスパー氏も今回初参加。伊蔵を加えて四名での行動となった。例によって伊蔵は前日の26日に多治見入りして一泊し、多治見市内を徘徊する計画(笑)。27日当日にメンバー達と合流する事になっていた。今回は酒蔵へ向かう前に多治見市市之倉町の『市之倉さかづき美術館』にも立ち寄る事になっているのでこちらも楽しみである。
FSCN1625.jpg
11月27日当日多治見市内の宿で伊蔵は朝7時に起床。お盆にこの町を訪れた時はとても暑かったがさすがにこの時期は肌寒い。宿の一階フロアの喫茶店で朝食をゆっくりとる。メンバー達とは9時45分にJR多治見駅で合流の約束になっているのでその時間までひんやりと冷えた多治見市内を散歩してみることにする。
FSCN1589.jpg
だがそうはいったものの多治見市内はお盆に訪れた際にそのほとんどを歩いて回ってしまっていた為、これといって見るものも無かった。ただ今夕にはメンバー達と市内のどこかで食事をするであろうから前もって市内のいくつかの飲食店をピックアップしていた為、歩き回りながら場所を確認はしておいた。
DSCN1519.jpg
◆うなぎ魚弘(うおひろ)/市内でも老舗の鰻屋のひとつ
DSCN1517.jpg
◆焼き鳥だいき/多治見で焼き鳥といえばココだという
FSCN1598.jpg
◆梵天丸/たまたま宿のそばに新規オープンしていた東北郷土料理を食べさせる店
FSCN1591.jpg
早朝の街中は歩く人もいなかった。が猫はいた(笑)。結局市内を30~40分程歩き回るとメンバーとの集合時間にちょうど間に合う時刻になった。

集合場所のJR多治見駅に行ってみると改札口辺りにエスパー氏と桔梗屋さんの姿を発見し合流。すぐにアキラ氏も改札口からやってきて時間通りにメンバー全員が集合出来た。早速駅南口のロータリーでタクシーをつかまえて最初の目的地『市之倉さかずき美術館』へと向かう。

多治見市市之倉町は美濃焼の陶産地の中でも精緻で高水準の盃や煎茶器を産した場所として知られており、明治期には全国盃生産の大部分をこの場所で作っていたという陶器の町である。現在でも数多くの窯元がこの町にはあり多くの観光客が訪れる。タクシーで山の中の道を約20分も走ると四方を山に囲まれた谷の底のような場所に市之倉の町が見えてきた。『市之倉さかづき美術館』はその町の中心部にある。
DSCN1527.jpg
伊蔵はこれといって特別に陶磁器に関して詳しい訳ではない。ただ陶磁器の中でも面白味のある造形や色彩の施されたものに少なからず興味は引かれる。またそうした良い仕事の陶磁器の上に盛りつけされた料理を食する際や注がれた酒を飲む場合には不思議と旨く感じるところがあるっといった極々普通の方々が思われる程度の知識しかない。まぁあとしいて言えば小さい頃から土いじりは好きな方であるといったところか(笑)
DSCN1526.jpg
タクシーを降り『市之倉さかづき美術館』の建物前へ我々メンバー四名は歩いていった。美術館の建物は切妻屋根に白漆喰の外壁のなかなか立派なものでまるで巨大な蔵が立ち並んでいるような外観。ここ『市之倉さかづき美術館』では幕末、明治~昭和にかけて作られた盃の数々の展示に加え、陶磁器、酒器にまつわる企画展示や地元市之倉に所縁のある人間国宝・巨匠8名の作品を常設展示している。また若手の陶芸作家が作った器などを手に入れる事も出来るミュージアムショップや作陶・絵付け体験なども勿論楽しめるようになっている。美術館横には薪の窯で焼く手作りのピザが食べられるお店も併設されている(これは一度食べてみたい)。
DSCN1528.jpg
この日美術館で行われていた企画展示は『中国古代銅鏡展』。主に隋・唐時代もしくはそれ以前の時代に中国で造られた銅鏡の展示であった。残念ながら館内は撮影が禁止なのでその意匠の素晴らしさと精緻な細工の仕上がりをここで紹介は出来ないがとにかく見事なものだった。ひょっとしたらこうした手の込んだ鋳造技術は現代では失われているかもしれず、当時の中国の技術力の高さにはやはり感服せざるを得ない。

メインの展示である盃もよくこれだけいろいろな種類があるものだなという位に沢山の盃が並べられていた。ただ単に盃とはいってもその時代時代によってその形や大きさ等が異なっているのが面白い。絵付けや細工等、遊び心が感じられる盃のコレクションもありかなりじっくりと見入ってしまった。これほどバリエーション豊富な盃が一堂に目にする事が出来るのも陶器の町『市之倉』ならではだろう。

また人間国宝・巨匠といわれる作家達の展示コーナーも圧巻であった。こういう作家の方々が造る陶磁器というものはやはり何かが違う。どこが普通の作家と違うのだといわれても困るのだが、器そのものから発する何か“凄み”のようなものがあり見る者にこれが強烈に訴えてくるのである。中には『なんじゃこれ??』って作品もあるのだがそれすら何かを訴えてくる。決して素人が真似して造れるものではない。

陶磁器というものは土をこね、形を整え上薬を塗り絵付けをして窯で焼き上がるまで良いものが出来るかどうか分からないところがある。土の成分やこね方、気温や上薬の配合、窯での焼き方や温度によってその出来は良くもなるし悪くもなる。結構偶然の産物によって傑作が生まれるという事も少なくない実に奥が深い世界なのだ。巨匠といわれる人は長年の修行と経験によってこうした配合については熟知してはいるのだろうが自分が思ったようにはなかなか作品は仕上がらなかったに違いなく、何度も試行錯誤しながらこの大作を造り上げた事は想像出来る。そうした事を考えるとこれら巨匠達の作品は是非一見の価値があると思う。

美術館脇のミュージアムショップにも行ってみた。若手作家の斬新な作品の数々が販売されておりこちらもなかなか。ここは撮影可能ではないのか?と思い撮影してたら見事に怒られちゃいました(悲)こうして『市之倉さかづき美術館』の見学は終わり、次に我々は美術館から歩いてもさほどかからない場所にある人間国宝・加藤卓男氏を生んだ窯元『幸兵衛窯(こうべいかま)』へと向かう事になった。

DSCN1527.jpg
◆市之倉さかづき美術館
・住所:岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
・電話番号:0572-24-5911
・開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時半まで)
・休館日:火曜日、年末年始
・入館料:一般400円、大、高校生200円、中学生以下無料
     団体20名以上は一律100円引

・共通入館料(市之倉さかづき美術館・幸兵衛窯)
 一般600円、大、高校生300円、中学生以下無料
 団体20名以上は一律100円引き
・ホームページ/http://www.sakazuki.or.jp/


スポンサーサイト

● COMMENT ●

おめでとうございます

ぼるくさんプレオープンでお会いしました。マスターにブログを教えていただきましたよ!

明けましておめでとうございます

酔水さん>>明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

お久し振りですね(笑)。当ブログを訪ねて下さり有り難うございます。なかなか更新出来ませんがたまに読んで下されば幸いです。またぼるくさんでお会い出来る日を楽しみにしてます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/840-0f5c383c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

久しぶりの更新?です・・・ «  | BLOG TOP |  » 明けましておめでとうございます

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。