2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐の味、満喫

友人の「たいがぁ」さんのブログにtakeさんのお店で鰹料理を食べたとのレポートがあり、堪らなく食したくなった(笑)早速takeさんに連絡を取り、土曜の晩に出かけた。
DSCF3521.jpg

むひょ~~!「鰹のタタキ」登場!この初鰹を「胡麻ポン酢」「マヨネーズ」「生姜醤油」に付けて頂く。takeさん曰く、

「これが鰹のタタキ三段活用じゃ!」(笑)

三種類の味を存分に楽しませて頂いた。程よく脂ののったタタキ自体も肉厚で捌いてもらいかなりのボリューム。マヨネーズをつけて食べる方法は初めての体験であったがなかなか鰹にマヨネーズって合うものだなぁと思った。土佐の味に伊蔵も満足。
DSCF3524.jpg

今回の焼酎は「本格焼酎・財宝 芋スペシャル」。九州は鹿児島の地下1,400メートルの深さから湧出する稀少な水(ウラン鉱床中を流れ、天然ミネラル豊富な温泉水)と約500年の歴史を持つ鹿児島の伝統技法でつくりあげたという焼酎だそうだ。温泉水を使用しているせいかとてもまろやかで旨い。これを伊蔵はロックで頂いた。食事ともこのお酒はよくマッチし、ほろ酔いながら美味しく頂きました。
DSCF3525.jpg

お次の品は「タイラ貝の貝柱焼き、ウニのせ」。これをワサビをつけて頂く。これは絶品であった。貝柱といえばホタテだが、このタイラ貝も負けてはいまい。
P10106.jpg

これが「タイラ貝」。大型の二枚貝でウグイスガイ科に属する平貝でタイラギともいわれている。お寿司屋さんでは刺身で出て来るらしいが、takeさんの料理の好みで塩胡椒を貝柱に振り掛けたあと網で炙って火を通して今回は出してくれた。大型の貝だけあって貝柱も大きく何枚かにスライスしてもらってもかなりの厚み。程よい塩胡椒と淡白な貝柱の味と甘いウニの香りにツーンとくるワサビが口の中でジンワリと広がる・・。
ya.jpg

思わず伊蔵は「彦麻呂」化しそうであった(笑)
DSCF3526.jpg

さて次の品は「恵那の地鶏のせせり串」。「せせり」とは鶏の首の剥き身で一羽からわずかしか取れない部位の肉。鶏は餌をツツく時、首を頻繁に動かす事もあってこの肉は身が良く締まって食感に弾力があり、咬めば咬む程、ジューシーな肉汁が出て来る。恵那にも美味しい地鶏がいるんだな・・(笑)
DSCF3528.jpg

DSCF3530.jpg

その後も「ゴボウの唐揚げタラコまぶし」、「蟹団子蒸」などが現れた。ごぼうの唐揚げは見た目フライドポテトのようであったが風味、食感は全く違っていて味も良い。ごぼうの新しい料理を見た!という感じであった。
DSCF3532.jpg

おおっ!「鰹のなめろう」だっ!「なめろう」とは(地域や漁師の好みによって使う魚は異なるが)魚の身をネバリの出るまで包丁で叩きまくり、ネバリの出た所でネギや味噌を投入して混ぜた漁師独特の料理のことである。簡単に作れて御飯にもよく合う。
DSCF3534.jpg

本日の締めとして「正しい日本人の食事」(笑)を頂いた。お酒を飲んだ後のラーメンも良いがやっぱり御飯と味噌汁、これだねっ!なんだか身体がホッとする。この後、takeさんに本日の食事のお礼をし、終電で伊蔵は帰宅したのであった。

今回も美味しゅうございました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

う~、みんな美味しそうですね~~。
私も「せせり」大好きです!
あの食感がなんともいえません。
焼き鳥屋さんでせせりがあると、必ず頼みマス!

おじゃましたので足跡ですw

うわー旨そうだ。
私も旅がしたい…、というか旅に出たい。

ねーさん>>
「せせり」は美味しかったですよ~(笑)
歯ごたえも良くてホント絶品でした!

存在自体がジョークさん>>
ブログ覗いて下さって有り難うございます。
お仕事の方、大変そうですね。あまり無理をせずにたまには息抜きの時間を作って休んで下さいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/91-5bbb5c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006年6月6日 «  | BLOG TOP |  » 早速、蕎麦☆

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。