2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋城・西北隅櫓

DSCF3540.jpg

ウォーキングをしていてフト気がついたのだが、名古屋城の西北隅櫓の窓が開いているではないか!通常は公開されてはいないこの櫓、今公開されているという。
DSCF3539.jpg

この西北隅櫓は名古屋城に現存する三つの櫓の内のひとつである。西北(戊亥)の方角にある櫓なので「戊亥櫓(いぬいやぐら」とも呼ばれている。また清須城の古材を用いて作られている為「清須櫓(きよすやぐら)」ともいわれる。昭和5年に国の重要文化財に指定されている櫓である。三層三階の櫓なのだがその規模は巨大で、青森県弘前市にある「弘前城」、香川県丸亀市にある「丸亀城」の天守閣より大きい。
 
またこの櫓の一階西面、北面には「落狭間」といって石垣を登ってくる敵に対してこの狭間から岩を落として侵入を防ぐ役割の機能が備わっている。
DSCF3538.jpg

三つの櫓の内、この西北隅櫓のみが堀に面していている。撮影していると櫓の窓に人影が見えた。あそこからの名古屋の眺めはどんな感じなのだろうと思いを馳せる伊蔵であった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/94-8493a6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韃靼そば茶 «  | BLOG TOP |  » MINI STOPの宇治抹茶アイス

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。