2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CREATORS MARKET in ポートメッセ名古屋

DSCF3562.jpg

ポートメッセ名古屋(金城埠頭)3号館で「クリエーターズマーケット」が開催されるとの事で出掛けて来た。
DSCF3543.jpg

「クリエーターズマーケット」とは『つくるひとの祭典』として半年に一度開催されている。プロ、アマを問わず自分の表現したいものの展示、販売、上演、例えばファッション・アクセサリー、アート、雑貨、写真、音楽パフォーマンス等多彩な分野のクリエーター達のお祭りの事である。伊蔵もこういったイベントを見学するのは初めての経験であった。

今回このイベントに友人の「とりぃさん」とその仲間の皆さんが出店するということでその見学と、ここのところハッキリしなかった天候がこの日晴れた事、以前からこのイベント会場まで自転車で完走してやろうという密かな野望があったので出掛ける事にしたのだ。

伊蔵のアジトから会場の金城埠頭のポートメッセ名古屋までは片道約60キロ程あると思われ、最近身体の鈍っている伊蔵は少々走れるか不安だったがとりあえず出発した。数日前から会場までのルート選択をいくつか考えていた伊蔵はまず、犬山市より県道102号名古屋犬山線(名鉄小牧線沿いの道)を南下し名古屋市に入ると堀川沿いに走って西区に進入。ここで喫茶店に入り1時間程休憩。

休憩後、さらに堀川沿いを南下。山王橋に至った所で進路を西に変え、今度は中川運河沿いの道をまたひたすらに南下、国道1号、23号を越えて名古屋港ガーデン埠頭手前に至り、西南に進路を変え、金城埠頭線を徐々に南下し、会場前のメキシコ大通りに到着した。中川運河沿いの道(街の中心部を通過したくなかったのでこの道を選択した)がかなり走りやすかったので名古屋市内中心部から港までの走行時間の短縮につながった。結局片道3時間程かかった。日頃からウォーキングのみは続けていた為、足の疲れはほとんどなかったのが幸いであった。しかし会場に自転車で来ているのは伊蔵だけであった・・(当たり前か(笑))

早速、無事到着した事をとりぃさんに連絡。会場へと向かった。
会場内に入るとかなりの人出であった。クリエーターの皆さんの熱気というモノが何となく感じられる。いろいろなブースをゆっくり見て廻る事に。
DSCF3545.jpg

DSCF3552.jpg

一概に表現するといってもホントに沢山の選択肢があるものだなぁと伊蔵は会場を廻りながら感心した。こういった場に自分の作品を展示したりするだけで無く、他の人の作品を見て影響を受け次回作の構想が湧いたり、こういった表現の仕方もあるのか、自分もこういうものを作りたい!などお互いに良い刺激を受けるということがクリエーターの皆さん達のこのイベントに対する最大の楽しみなのだろうと推測した。また、販売を通じて自分の作品に対して共通の感動をしてくれた人々との出会い等も今後の大きな財産になる事であろう。
DSCF3546.jpg

DSCF3547.jpg

DSCF3549.jpg

さてさてそうこうしているうちに「とりぃさん」とその仲間の皆さんが出店するブース「ZAKKYOビル」の前に伊蔵は恐る恐る接近(笑)
おおおっ!とりぃさん浴衣姿やないですかっ!今日はとても暑いので涼し気な浴衣姿はホッとするし、とりぃさんにもとても似合っておりました。とりぃさんと仲間の皆さんに自転車による長旅を労って頂きつつ、ブースの販売物を物色。ポーチやバッグ、オリジナルキャラクターグッズが主な商品であったが、このイベントに向けてこれだけの商品を用意するのは並み大抵の事では出来ないであろう。感心感心!(笑)物色している内に、とりぃさん、伊蔵の共通の友人である方々も集まりブースに賑やかさが増した。
DSCF3564.jpg

そしてこれが戦利品の数々(笑)欲しいものは全て手に入れた感じです。ブックカバー、オリジナルキャラクター扇子、同メガネ拭き、そしてサービス品のバッグ。伊蔵にとってはどれも実用的な商品ばかりである(笑)この後も伊蔵はいろいろなブースを見学した。
DSCF3548.jpg

伊蔵は雑貨や写真、陶器、木製品、機械部品を使用したオブジェに興味が在り、くまなくゆっくりと見学させて頂いた。こういうイベントの見学は初めての経験であったがとても有意義な時間を過ごせたと思う。そのきっかけを作って下さったとりぃさん、そしてお仲間のみなさん、この場をお借りしてお礼を申し上げます。有り難う☆

そして今回のイベントを通して伊蔵自身の表現方法は何なのか?とふと考えたとき、それはこのブログなのかもしれないと漠然と思うのであった。

会場を後にした伊蔵のその後の物語は次回にお話します。ではでは。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moriizou.blog39.fc2.com/tb.php/97-ef0e7650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この一杯の為に! «  | BLOG TOP |  » 石原都知事、三宅島復興でマン島のオートバイレース視察

プロフィール

伊蔵

Author:伊蔵
伊蔵と申します。
幻の焼酎から名を頂きました。
お酒・一人旅・自転車・麺類好き・歴史・読書・雑学・ネット・路地裏散策・廃道・街道・地図マニア。血液型:B型

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。